参加した皆さんから素晴らしい気づきの感想をいただきましたのでシェアさせていただきます

第16回 2021. 10. 21「満月ワーク」
★他の方の感想の中で「目に見えるものばかりの世界で生きていると自分でも気がつかないうちに目に見えないものに対して自信が持てなくなっている気がします」という文章を見て、私も仕事が忙しく目に見える世界にばかり集中していると、自分の感覚に鈍感になるなと気付きました。これではいけないので、自分の感覚と向き合う時間もきちんと設けたいと思います。満月のワークはちゃんとしたのは初めてだったので、やり方を知ることができてよかったです。手放したいものはいろいろと思い浮かんだので、私はそれを大きな気球に乗せて大気圏の彼方まで飛ばしていくのを想像しました。感謝をしながら繰り返し気球に乗せていくと、何度目かで自分の中で「まだ手放したくない!」と執着する気持ちがあって驚きました(手放したいのはゴミなのに…!)時間内ではその気持ちと十分には向き合えなかったので、あらためて掘り下げてみたいと思います。満月のパワーを感じる瞑想では、月がこんなに近くまで来てくれることに驚いて、感激しました。月は遠くにあって手が届かないイメージだったので……自分の中の捉え方も変わりそうです。パワーを浴びて、体がポカポカしました。

第16回 2021. 10. 13「守護霊と会う」
『今日は参加者が少なかったため、守護霊の見方を教えていただきましたが。今までで1番、守護霊の見方に対してモヤモヤが解消出来ました。あれ?出来るかもと思いました。そう思えるようになったポイントは「リラックスすること」「見えたものを信じること」この2点が心にすっと入ってきたからです。体調とかもあるのかな。リラックスの大切さは落ち着くこともあると思うのですが邪念を払うことが本当に大切なんだと気がつきました。邪念が入ると直感が操られせっかく見えたものを都合よく見てしまって見誤る原因になってしまう。なぜか今日は自分の直感に確信を持って守護霊を見ることが出来た気がします。見ようと強く思うよりちゃらんぽらんな気持ちで見たことが邪念を払うのによかったのかもしれません。あともう1点の気づきですが、目に見えるものばかりの世界で生きていると自分でも気がつかないうちに目に見えないものに対して自信が持てなくなっている気がします。見えたけどつい疑ってしまう。でも、多くの人に見えていないものを見ようとしているのだから、自分が見えたものに自分で確信を持たないと見えていないことになってしまう。これはもったいないことです。きっかけを掴みつつあるので瞑想に力を入れて見えたものに自分で確信を持っていきたいです。そのためのコツも今日、教わったので今後に活かしていきたいです。』

第15回 2021. 10. 9「ヴィパサナーと花ワーク」
「今日の霊性開花でいかに目の前の出来事に集中せず生きているかに気がつきました。慌てている時こそこの感覚は必要だと思いました。イライラしがちなので、、、どんな時でもこの感覚が出せるようにまず3分から瞑想を改めて始めようと思います。今まで何回も挫折中、、、どうしても体が痒くなってそこに意識が引っ張られがちなのでこれも瞑想が続かない課題だと思います。花を思い浮かべるワークでは紫色の蕾のチューリップでした。あまり日頃から意識しない色に驚きました。あと、メッセージとしては今、集中しているのでほかっておいて欲しいと言うところも意外で驚きでした。ただ、蕾なので何かがこれから開花する前触れなのかもと楽しみです。今日もたくさんのアイデアが出て良い時間だったのでこの波動の違いを意識してどう人類に貢献していけるのか今まで以上に楽しく直感で生活してみようと思います。
「丁寧な瞑想では、息の流れに集中してゆっくりと呼吸のエネルギーを感じることが出来ました。わたしは今に集中するということがなかなか苦手なのですが、今に集中していると感じられたので今後の日々の瞑想に取り入れていきます。お花のワークで出てきたイメージは、蓮の花でした。今から開こうとしている感じででも沢山の蓮の葉のなかにひとつだけポツンと咲きかけていて、とても寂しいと言っていました。蓮の葉に囲まれているけど、わたしは花だから蓮の葉にはわたしのことはわかってもらえないのと、言ってました。ワークの後、お花が自分自身だと教えていただいたときに、まさに今置かれている私の状況だったので驚きました。そして、わたしはやはり寂しかったんだと、わかって貰えないと感じているんだと自分の気持ちや感情に向き合うことが出来ました。蓮の花は咲きかけていたので、きっとこれから咲いていくのかなと自分では思っています。」
「最初の花のワークでは、そびえ立つような巨大なマーガレットのイメージが空中に浮いて出てきて、びっくりしました。水がほしいというのでバケツで持っていったら、あっという間に吸い上げるので、ホースでじゃんじゃん注ぎ足さないといけない感じでした。話しかけてみても、言葉が通じないみたいで虚無な感じでした。謎でしたが、瞑想の後で『それが自分のイメージ』と言われたので、意外でしたが、言葉少ななところが自分らしい気も…。あらためて自分で瞑想して花に会いに行って真相を確かめようと思います。ヴィパサナー瞑想では、座っている椅子が少し体勢が難しかったのでなかなか集中できず、お腹すいたなあ…などと雑念がいろいろとわいてきました。体調と周りの環境を整えて始めることが大事だなと思いました。特に両足をしっかり床につけないと集中できないなと感じました。呼吸で新鮮な空気が鼻や肺に入ってきて、出ていくところをしっかり感じられたのでよかったです。『クラスが終わった後も瞑想するように暮らしましょう』というアドバイスをいただいて、日常的に慌ただしく過ごしているので、気持ちがあちこちにとっちらかることが多いのだなと反省しました。」

第14回 2021. 10. 2「心と言葉」
「俯瞰して(次元を上げて)見るお話しですが、中々出来ていなくて、バリバリ3次元の見方になっています。これからは、意識をして少しでも宇宙の視点に近づけたらと思います。前に何かで、3次元では1人1人が分離していて、別々の動きをしている様に見えるけど、宇宙から見ると、その1人1人の動きは全て完璧で、素晴らしい1枚の絵画を作っているワンネスだと聞いた事が有ります。今日の霊性開花で、それを思い出しました。ありがとうございます。」
「今日の霊性開花で一番印象に残ったのは、心と言葉と行動を一致させること。本当にこれは僕にとって大切だなと思いました。このバランスが崩れるからイライラしたりする、もう本当にそうだと思いました。この一致する状態を常に保っていけるように意識してみます。ビジネスメールはいつも返信が遅いのでとりあえず半日を目処に何か返すことを意識してみます。今日も霊性開花中にいろいろアイデアが生まれてとてもいい時間でした。また楽しみにしています。」
「ワンネスの話で、自分の5本の指を見て誰を連想するかという問いに対して、すぐに家族の顔が思い浮かんだ。
自分と繋がっていて家族全員で一つだという感覚である。では、会社の部内の人はどうか。考え方は人それぞれ違うが、同じ目的に向かって仕事をしているので仲間という感覚である。では会社ではどうか。職種は違うが、同じ目的に向かって、会社を発展させるために働いているので、経営トップを含め仲間という感覚である。では、取引先ではどうか。営利目的でやっているので、少しでも自社に有利な思考が優先してしまう。企業に務めるものとしては当然の思考だが、スピリチュアル的にはどうなのかと思ってしまう。個人的には近江商人の三方よし(売り手によし、買い手によし、世間によし)の考え方が好きだが、現実的には自社の利益優先が求められるので、それが出来ない事に矛盾を感じてしまう。」

第13回 2021. 9. 25「グループセッション」
「僕は霊性開花の時間は学んでやろうというより、受け入れてみようという時間にしているので今回は同じ時間を共有している人のいろいろな疑問が聞けてよかった。当たり前かもしれないが同じ話を聞いても、自分以外の人の受け取り方の違いがあり僕にとって学びがあっていい時間だった。質問が文章だけなので、その裏の意味などは話したほうが出てくるのかもしれないが、1時間のうちにいろいろな角度から話が聞くためにはよかった。ただ質問の種類が人によってバラバラだったためちょっと頭が混乱しています。この混乱の中から何が出てくるのか楽しみです。」
「『スピリチュアルなことを話すのにためらいがある』という質問をしましたが、たとえばビジネスにしていくとすると人に話さないといけないと思ってためらっていたので、特に話さなくてもいいというのに驚きました。そうなのですねー。仕事にしたりライトワーカーとして活動するなら公表しなくてはいけない…ということに迷っていました。このあたり、自分の中にメンタルブロックがあるのかな?と今日の他の方への回答を聞いていて気付きました。
「誘導瞑想がうまく出来ないのは、グラウンディングに問題があるという話を聞き、自分も誘導瞑想中に違うことを考えてしまう場合があるので参考になった。仕事が忙しくなると「心ここにあらず」状態になり、地に足が付いてないことがよくあるので、普段の瞑想にグラウンディングを取り入れたい。霊性開花が終わってから久々にセンタリング・グラウンディングの瞑想をやってみると、エネルギーが補充されるような感じがした。」
「ここ数日、少しずつ人へエネルギーを「媚びる」ではなく、「してあげたい」に注ぐ事で、『誰か・何かを愛する時間こそが尊いという感覚に繋がるのだな。誰かや何かを愛するという行動ができる事こそが幸せなのだな。』と感じています。愛する人の為に動いたり、耳を傾けたり、共感する事、それは愛する人との尊い時間の中にある事。それってとても尊く幸せな時間なのだから、私自身が満ちる感覚を感じました。以前の媚びながら、びくびくしながら人に仕えていた時とは違う感覚です。調和の世界を体現するのもこの道の先かな?と思うと、なんだ!極端を渡っているようでいて、振り子のようにきちんと学んでたどり着くんじゃない?実験してエライ!と自分に感じています。」

第12回 2021. 9. 20「自分の形」
「短所を見る視点を変えて長所に見ようとすると、すぐに長所が思い浮かぶものもあれば、結局思い浮かばなかったものもありました。社会一般の通念からすると明らかに短所であること(時間にルーズとか)は、長所に見ることができませんでした。やっぱり日頃から『足りないこと』『できていないこと』をどうすれば解消して『○』になれるかばかり考えているなとあらためて思いました。やはり自己肯定感が低いと長所がなかなかおもいつかなかったり、短所にとらわれすぎてしまうんだろうなと思いました。もっと自己肯定感を上げて、自分のかたちをしっかり把握したいです。」
「自分の長所と短所、改めて考えると余り出て来ない。私、あまり自分の事を分かって無いのかな?でも、これからは、もっと自分に意識を向けて理解していきたい。そして、自分の内側と繋がって行きたいと思いました。長所の裏には短所、短所の裏には長所がある。そして、短所の無いものねだりをするのではなく、長所として如何に出していくかと言う事を教えて頂き、なるほど考え方次第だと納得です。」
「短所を長所としてとらえた時、今まで直さなければならないと思っていた事が、それほど気にしなくてもよいという事に気付けた。全て自分の個性であり、見方を変えれば短所は長所になる。後は、実生活で自分の短所を長所だと心の底から思えるようになれるかが課題である。」
「最後のエネルギーワークでは寝そうになってしまいました。疲れている時にやるとよさそう。イメージもしやすかったです。長所は短所の裏返し、短所も長所の裏返し、理屈では分かっていたけど改めて書き出すと自分の長所の裏返しが短所として書かれていてさらにその逆もあって面白かったです。自分のことをさらに好きになれそうです。
「性格というのは魂の形。とても興味深かったです。人それぞれの性格・魂の形があるのはわかるので、占星術を使わなくても個人でも魂の形を知る事ができるワークを知れるのは楽しかったです。ただ、自分がまだ自分の傷があるという事だからでしょうか。難しかったです。真っ向から否定の言葉が来て、自分としても、『まだこんな卑屈で拗ねている自分がいるんだ…』とびっくりしてしまいました。」

第11回 2021. 9. 9「守護霊リーディングとPSIトレ」
「守護霊リーディングをしていただいてとても興味深かったです! カーテンを開けるイメージが見えると説明していただいて、普段私はカーテンを閉め切って生活しているので開けなさいということかな?と思いました(ストレートに…) また、たしかに思い悩んでいることが多いので、リーディングがずばりで驚きました。クラスが終わった後にタロットカードを引いてみたら、カップの5が出てきて「喪失感や失望感に悲しんでばかりではなくて、明るい未来をイメージしたほうがよい」という意味もあるかなと思いました!他の方へのリーディングを聞いて、守護霊は今の状態を伝えるんだなと参考になりました。サイキックトレーニングで実際に想像しながらやっていると、映像はよく思い浮かぶけれど、においはあまり想像できないことに気付きました。得意不得意とはこういうことなんですね。1人でもできそうなトレーニングなのでとても参考になりました。やってみます!」
「私の指導霊さんはハロウィン気分👻🎃で姿を見せてくれたのでしょうか。笑 
先生が守護霊や指導霊を見ている時、その方の周りがボヤボヤしてました。(画面上で)次の方を見るときは、また見ている方の周りがボヤけ、さっきの方の画面は戻っていました。私も感じてみようと思って画面を見ていたので、自分の何かが投影されているのかな?と思いあえて他の方に集中してみましたがボヤけは先生が見ている方にだけ現れていました。アレはなんなんでしょう!(°▽°)!先生のエネルギー的な何かが見えていたのか、その方が発している何かなのか???とても不思議でした。」
「普段何気なく考えていて、答えが出ていないことの答えが出てきて不思議だな~と思っています。ちゃんと話を聞いていて、ワークに取り組んでいるのですがふっといいイメージが湧いてくるんです。いつもアイデアが出るので毎回の霊性開花が楽しみになっています。今回も見事にアイデアが湧いて、やったーと思っています。みなさんの指導霊も何だか興味深くて早く僕もその感覚が掴めるようになりたいと思いました。(守護霊リーディング受講中)僕の場合ですが、リーディング結果そのとおりでした。いまだに結果は見えず、気になって淡々と続けていく。でも続けないと気持ち悪い状態になってきたので何か見えてくるのではと思っています。この辺りのことを詳しく指導霊さんに聞きたかったです。また、次回の機会に。」
「Tさんの守護霊は、やはりTさんに似ている感じがするし、Nさんの守護霊の印象は、彼女をもっと魅力的にするものだったし、Hさんの守護霊の印象は、Hさんの存在をよく教えてくれる存在でした。Tさん、なぜ「あたってる」と思ったのか、お聞きしたいところでした♪Hさん、なるほど、考えている事があるのか。その一連の流れを照らし合わさせていただきたいなぁと感じました。私は基本的にはあまり人には興味があまりないんですが、守護霊さんは、その方をより立体的に見せてくれているんだな、と思うと、もっとお相手に興味が持てそうだな♪と感じました。」

第10回 2021. 9. 4「自分の価値」
「一人一人、愛を体験するために経験をするために生きているのか。そしたら、不要な体験は何もない。不要な体験をしないといけないのだな。不要な人間はここにはいないのか。そして、みんな経験しに来ている魂一つ一つは全て繋がっている。だから、あなたは私であり、私はあなたを含んでいる。別の人間だけれども、心の奥底は繋がっていて、ここに生まれていないとしても私は誰かの私だったろうな。と学んでいたことが既に腑に落ちている事に気付きました。『ありがとう』この言葉の大切さを改めて実感する事が出来た日となりました。おめめ、ありがとうありがとう、と自分を労わる時間もとてもきれいな時間でとても楽しかったです。」
自分に感謝を伝えよう☆目を閉じ、先生の言葉を聞きながら自分の目に、耳に、手に、etc…本当に自分の全てに感謝する事が出来ました。見えている事への感謝☆自分の目にありがとう聞こえている事への感謝☆自分の耳にありがとう行動出来る事への感謝☆自分の身体にありがとう。こんなに自分自身に『ありがとう』と伝えた事はなかったなと気づかせて頂きました。自分を大切にするってこーゆー事なのかなって心から『ありがとう』と自分で自分に伝えているだけなのですが、とても癒されました。体も心も温かくなるのを感じました。心がぽかぽかのオレンジ🧡って感じです^ ^」
「『生きているだけでイイ』を実感いたしました。今まで、自分自身に感謝することはなかったです。今朝、別件で一つ気づきがあったところでした。だからこそ、素直に自身に感謝をし、全てに感謝することが出来ました。空気が吸える事に感謝だしこの奇跡の様な循環システムのある地球に感謝です。自分は生かされているそして、生きていていい と感じられました。私は、ずっと自分には価値はないと思って生きていました。ようやくその呪縛から解放されそうです。」
「最初に『自分のことを価値がある人間だと思うか』と聞かれて、普段から自分はそんなに価値がない人間だと思っていたので、まさに自分にぴったりの問いで驚きました。社会の役に立つ方法がわからなくなって悩んでいるので、そういうところで自分には価値がないと思っているんだなあとあらためて思いました。生きているだけで社会を潤わせる貢献をしているというお話で、確かにそういう意味では役に立っているのか!と発見になりましたが、それって誰でもしていることだから…と思ってしまいました。あらためて考えると、自分が特別に社会に役に立っていないと価値がないと思っていることに気付きました。後半の感謝のワークも驚きました!そういう感謝の方法があるのかーと思いました。実は、1か月ほど前に「自分には感謝の気持ちが足りないな」と思って、感謝することリストを書こうとしたのですが、まったく書けず…。「あって当たり前」だと思っていて気付けていないんだなあとあらためて感じました。自分では腰に感謝してみました。腰が支えてくれているおかげで座ってたくさんいろんなことができると感謝しました。『感謝することリスト』に新たなことが書けそうです。」
「自分を褒めるのはとてもいいことだと感じました。最初、僕は世の中にあまり役に立っていないと言う方に手を上げたけど仕事がコロナ禍で無くなっているのが原因かな。でも自分の身体の部分を褒めているうちに、気持ちがしゅわーと変化してまあ、そんなことはどうでもよく、生きていればいいんだよーと思いました。まあ前もそう思っていたんだけどコロナ禍でいろいろ忘れてしまって。思い出させていただきありがとうございます。改めてこの精神で生きていこうと決意の出来る霊性開花の時間になりました。なんか睡眠とは違うスッキリ感です。」
「感謝のワークで、自分の胸(ハート)に『ありがとう』の言葉を伝えたとき、昔から苦楽を共にした戦友のような感じがした。自分の胸(ハート)の中にもう一人の自分が居るような感覚である。苦しい時も、つらい時も、嬉しい時も、楽しい時も、常に一緒に歩んできた、自分(ハート)に『ありがとう』を伝えた。いつもそばにいて見守ってくれる自分(ハート)に親近感や信頼感を感じた。

第9回 2021. 8. 28 グループセッション「戦争のことを思うと胸が苦しくなってしまう」
「≪視点≫なのですね。私が、どこにフォーカスしているのか。それが、私の中にある課題でもあり、癒していくポイントになるのだと思います。私は、【人が人を支配する。人が人として扱われない】この構図がとても赦せないポイントであり、そこを強要されているのが、戦争からの被害者であると感じます。だからと言って、私に出来る事は少なく今はただ、真の和平を祈るしかない。ひとつ視点を上げれば、それは流れであり自らの決めてきた道 なのは理解できます。しかしながら、私の中にある【強要されてきた私】が癒えていないだからこそ、そこにフォーカスしてしまう。この数日、この【強要されていた自分】とそれが赦せないから【全てを赦す自分】との間で葛藤している自分がいてもがいていますw」「私は今、自分の中で今戦争が起きています。あ、これが戦争か、、、と体感しているのは、コロナやワクチンを通しての戦争です。てんちゃん先生がおっしゃっていた事を振り返って、全て今回のコロナで私が捉われている事にマッチしていて、「これらを受け止めて、超えるために起きているんだよ」と感じて怖いです。心ではわかっていても、思考では「いやだよー」と感じています。私事を度外視すると、なんとなくですが、このコロナやワクチンの打開策は、コロナやワクチンを考えても答えは無い。全ては自分の内側の、心の平安にこそ平和がある、という感覚を持ちます。それを感じて「ゲッ」と思う感覚があるのです。」←自分ごとに置き換えて考えられたのは素晴らしい学びをされたと思います★「この世には体験するために生まれてきているという話は何回も聞いていて、だんだんそうなのかなと思い始めています。ただ、やはり実際に人の死の話になるとなかなか難しいです。どんなことにも陰と陽がある話もすぐに忘れてしまうのでいつも思い出しています。同じ人の中にも陰と陽があるので、やはり1つの側面から判断するのはとても良くないとは思うが、人は目の前の出来事をどんどん判断して生きていくと思うので、どうしても1つの面から判断したほうが生きやすいのかなとは思います。陰と陽を同じように受け入れられるように観察して判断していきたいと思います。」いい気づきがありましたね★まず疑問に気づくのが学びの第一歩です★「もし自分が戦争で被害を受けた当事者の立場だったとすると、おそらく相手に対して憎しみ、怒りの感情を持つと思います。愛する人が戦争で死んでしまったら、尚更、負の感情は消えないでしょう。しかし、大きな視点で見ると、相手を思いやり、愛する心があれば、そもそも相手を傷つけたり、戦争を起こすこともないわけです。それに気づかせるために、あの世で戦争を起こす人、戦争に巻き込まれる人の役割を持って生まれてきているのだと思います。この世から争いを無くすためには、相手を思いやり、愛する気持ちを一人ひとりが持つことが大事だと思いますので、そのような気持ちで周りの人々と接し、その輪を広げて、平和な地球づくりに貢献していければと思います。」

第8回 2021. 8. 21  
今を意識」するマインドフルネスの瞑想法を学んだが、日ごろの自分を振り返ってみると、自分の思考が未来、過去に行っている事が多いことに気付く。仕事で先々の予定の事ばかり考えていたり、過去に起こった出来事を考えてたり、未来や過去ばかりに意識が集中しているので、今を生きている感覚が弱い。自分が生きているのは「今」なのに、未来や過去ばかりに囚われているので、マインドフルネスで「今を意識」し、今を生きれるように変えて行きたい。

第7回 2021. 8. 15 テーマ「今ここ」
「ラベリング瞑想はゲーム感覚で楽しかったです。やはり雑念の時間の割合が多かったです。でも、雑念!とラベリングすると消えていくのでなんだか面白いなーと思いました。これからも続けていきたいと思います。」「『今ここ』を大切に生きる事がとても大事なのはわかっていても、つい先の事を考えていますよね。。。今週、実家に数日帰っておりましたが、家のルールに縛られている自分から、抜け出したかったことその実家のルール(世間のルール)に娘をはめようとしていること何が良くて、何が悪い ではないのだけど『貴方の為』のルールが、果たして本当に、貴方の為なのか?日本人の教育は自分の為の『今ここ』ではなくいかに他者と肩を並べ、関係を損なわないかその為の『今ここ』でしかない様に感じます。娘に『今ここ』の考え方や大切さを伝えても周りから矯正させられてしまう。その色に染まらないと、わがままな自己中扱いなかなかに、日々難しく感じます。自分を置き去りにして周りにばかり気を遣ってきたからこそ≪今≫自分と向き合う事を促されているのに自分としか向き合っていない子供には周りが、他者を優先させることを学ばせようと必死になっている。この矛盾にもモヤモヤです。。。」

第6回 2021. 8. 8 テーマ「次元上昇」
「自分に既知ブロックが働いていることに気付けて良かったです。職場等ですでに知っていることや、何度も同じ話をされると思考が停止してしまう事がよくあります。学べる機会を自分で阻害してしまうのは勿体ない事ですので、既知ブロックを外し、何でも学ぶ姿勢で臨みたいと思います。知識だけではなく実践を重視していきたいと思いました。また、ワンネスを体験するには次元を上げるのが大事で、次元を上げるには一つ上の共同体を意識していく事が大事ということですが、自分はこの意識が低いことに気付けました。職場で自部門の事を優先してしまったり、自治体の活動でも自分を優先してしまっているので気を付けたいと思いました。この辺りは自分の改善テーマだと思いますので取り組んで行きたいと思います。」「霊格があがる事は愛の範囲が広がる事なんですね!!ワンネスの考え方が 理屈では理解できました。まだまだ、腑に落とせるまでにはいきませんが、愛の範囲を広げる。その視点で物事をとらえられる様になるとても分かりやすいですし、実践しやすいです。≪チャネリングは愛≫全てが愛のエネルギーで繋がっていることが頭ではなくこころで理解できる様に愛の範囲を広げてまいります。」「私は宇宙であるということに自分の中での理解を掴むきっかけが得た気がました。今日までなかなか理解するというところまでいっていませんでしたが、今日の話の知っているという気持ちを無くすという方法でその理解を掴めるかもと思いました。どうしてもなんだか知っていることに対して慣れの気持ちで接してしまいます。私は宇宙であるということに対してもなんか知っているような気で接しているためにいまいちなんだかわからない感覚になっていると思いました。初めて聞いた初めて接した気持ちを常に持つことで理解につながっていくのではないかと思いました。新月への願い事はこれを理解できたということをイメージしてみたいと思います。」

第5回 2021.7.26 テーマ「満月」
「満月の日、しかもオンタイムでの瞑想とても充実していました。私事ですが、新月満月に遠隔ヒーリングをしておりまして、クラスの瞑想の流れそのままで、一斉ヒーリングを送らせていただきました。ありがとうございます!その後、いろいろな直感が降りてくるのと夢や目覚めに メッセージをもらうことが多いのですが、次回の8/8新月+ライオンズゲートでキャンペーンをしたらいいと降りて来たので翌日から、スケジュールがタイトなのもありバタバタしておりました。今日、ようやく少し余裕が出てきております。水瓶座満月パワー 凄いです!!それと、手放しワークの爽快さ!!!一気に抜け落ちる様な、すーっと軽くなるのがわかりました。次回の満月でも実践いたします。」「満月のパワーなのか、吐き出すことを意識したからなのか、手放したいことを明確にイメージしたからか、自分の手放したいことを出すワークをしたら体が軽くなった気がします。それと逆に肩が猛烈にこってきました。ここに嫌だなと思っていることが集まってきたのかな。面白い体験だったので今後も満月のときにやってみようと思います。」

第4回 2021.7.7 テーマ「感覚」
「身体の6感の感覚を一つずつ意識することは日常生活であまりないことなので、また新しい発見でした。わざわざ意識するということが大切なんですね。いろいろ感じることが出来て、面白いなあと思いました。普段はやはり都合よく意識を選択しているんだなと改めて感じました。日常のオーケストラに六感を委ねる感覚をこれからも生活に取り入れて磨いていこうと思います。」「今回実践トレーニングでしたので、とても楽しめたのと、難しくもあり日々修行ですね!改めて、私たちは物事に焦点を当てて、興味のある見たいモノ・聞きたいモノ・感じたいモノそれぞれをしっかり分けて認識しているのですね。普段何気なく分けて認識しているだけにその逆、【全てを一遍に感じる】がまったく要領を得ずw 最初は難しく感じました。ですが、≪力を抜く≫ことがどの感覚にも必要な事だとわかり徐々に抜いていく。まだまだ、一点に集中する力が入ってしまいますが抜いていくを実践させています。実践ワーク楽しいです(*^-^*)」

第3回 2021.7.3 テーマ「謬錯」
毎日の出来事がスピリチュアル的にどんな意味があるのかというのは最近、習慣になっています。確かに意味がある時もあるし、何となくとらわれすぎている感じの時もあります。ただ、同じようなことが以前にもあってまた同じようなことが起こるときは何かそこに意味があると思い、よく考えてみようという意識になってきています。だから今日の話を聞いてやはりこの習慣は間違ってなく、これからも続けてみようと思いました。」「目を閉じてその時に見えるものを感じてみる。単純に目を閉じた暗い状態で眼球を動かすだけでこれだけいろいろ見え方が変わるんだなと新しい発見でした。確かにこれを知らないといろいろビジョンが見えたと勘違いしてしまいそうです。鼻先に集中瞑想は、自分にあっている気がしました。今日もいろいろな気づきをありがとうございました。」「今日のクラスはまさにシンクロでした。『今(過去)起きている事象から 私に与えられている気づき私への学びは、何なのだろう?』と、今朝 【過去の私】を書き出してみよう!としていたところでした。日々生きる中で、スピとの出会いによって≪今≫ある意味を考え、何を学ばされているのか?を考える癖がついてきていました。それを【過去の自分】にも当てはめてみて過去に起きていた事象には どんな意味があったのだろう?何を学ばせようとしていたのか?または、その過去の経験を通して今、何を学ぶべきなのか?それをまとめようとしていました。起こった事象を自分事としてフォーカスし今を大切に生きる事こそが私たちに与えられている≪学び≫なんだととても感じます。

第2回 2021.6.27 テーマ「祈念」
沖縄戦終結(6/23)についてお話して、みんなで祈りを捧げました。
ジャッジしてはいけないという言葉が印象に残った。確かに毎日ジャッジしている気がした。今、まさに人に対してジャッジしていることがあって、もっと相手の事情を知ろうと思った。Yes no だけで判断するのはもったいないなと思いました。祈りは考えるきっかけを下さって、ありがとうと思えばいいとわかってなんか納得できた。いつも祈りといえば悲しい、可哀想、悲惨という感情だけで止まっていた沖縄でのことに祈りをしていたら途中でなぜだか昔、お世話になった昨年亡くなった大家さんが出てきてこの方にもいろいろ教わったな、ありがとうという祈りに変わっていった。」「戦争により亡くなった方々がいるその歴史の上に生かされている。その方々が守ろうとしたものを私たちは引き継いでいる。今ある平和は彼らによってもたらされたものだからこそ、感謝と供にこの平和を守り抜く。それは、新たな犠牲を必要とせずとも護られるそんな世界にしていくのが残された、託された私たちの使命なのかもしれない。」「『成仏してください』の祈りの言葉には私にも違和感を感じていました。「ありがとう」の感謝の言葉が一番しっくりきます。背負ってきているお役目を終えて「お疲れ様でした」ですし、自分と関わりのある方には「出会えたことに感謝」だと感じています。さらに、戦争で亡くなった方がいる。その歴史の上に私たちが生きている(生かされている)それは今も起きている。人は、死を通してでしか学べないのか?そうではなく、全てが必然であり起きる事象から学びが常にあるとジャッジすることなく腑に落ちれば争いが起きなくなるのでしょうか?「祈り」にはエネルギーがある。世界平和を《自分ごと》として祈ることが世界が変わるきっかけになるのだと思う。

第1回 2021.6.19 テーマ「原点」
「日々の生活こそがスピリチュアル確かに特別なことではない、現状に満足できない思いがスピリチュアルに特別な感情を持ってしまう原因なのかな。大切な気づきがありましたね。本質ですね。「瞑想中、何度も気持ちよくなり寝そうになる。」瞑想中に寝そうになるのも意味がある場合があります。「ハマっていく雲に、道しるべの様な導き手があり、そこに敷石が並べられ到達できる。」志があれば高次からのサポートが入ります。それを表したビジョンかもしれません。素晴らしいメッセージを受け取れましたね。「見る訓練では、【瞼の裏が宇宙】に新鮮な気持ちです。」感じていただけて嬉しいです。その感覚大切にしてくだい!「あっと言う間に時間が過ぎていた事にビックリです。」意識は時空をこえるんです。「歩みを進めていく修行は感謝で愛なんですね」