参加した皆さんから気づきの感想をいただきましたのでシェアさせていただきます。

第42回 2022. 5.17「統合」
★今回は、自分の短所を、長所の視点から捉えてみるという内容でした。例えば自分の短所、「他人の意見に振り回される」というのがあって、これは他の人の意見も取り入れ尊重したい気持ちからくるものだと思いますが、どうしても「他人の意見に振り回されて、自分軸の弱い私」にフォーカスしてしまいがちです。そういう時に視点を変え、別方向からそのことを捉えて見ると、うまく言えませんが、物事がフラットに見えてくる、ニュートラルに戻せる感じがしました。これも自分のものの見方の癖なんだと気付き、そのこと自体は別に良くも悪くもないと思えれば、「じゃあどのようにすればいいか?」という、更なる新しい視点がやってきて、自分自身や状況を先入観のない状態から、もう一度見直せるような気がしました。どんなことも表裏一体であるということを、しっかりと自分に浸透させていきたいです。このことは様々な場面で応用することができそうなので、自分のあらゆる思い込み、思考の囚われに気付いていくために役立てそうだと思いました。ありがとうございました。

第41回 2022. 5.12「地球に生まれてきた意味」
★「まだ解決できていないこと」に、家族との関係がありました。以前よりだいぶ進歩しましたが、まだ整理できていない部分もありました。私としては、そのタイミングがきたら自然に導かれていくだろうと、焦らず毎日を幸せに過ごすことに意識を向けていたのですが、今日のワークの中で、家族ということに焦点を当てた時に、最近自分が感じていたことのいくつかがパズルのようにはまっていき、何かが見えた気がしたので、その事を書こうと思います。私は家族に対して、自分の思い通りに動いて欲しいという、コントロールしたい欲求があることに気付きました。それは表立ってはっきりわかるものじゃなく、自分の中で自分に気付かれないように、巧妙に隠されていたような感じです。私がこのような欲求を隠し持っていたので、相手から「束縛や制限を受けている」と感じていたのだとわかりました。「自分の思い通りに動いて欲しい」と思うことは、相手のやり方を尊重するという気持ちに欠け、相手の自由を認められていない状態、つまり相手の存在自体を尊重できていないということだと思いました。私に愛がなかったのです。今日のワークと関係ない話になってしまいますが、先日ヒーリングのセッションの中で、「愛と一体化する」という瞑想がありました。その時に少しだけ違和感があり、「この感覚はなんだろう」と掘り下げてみると、愛に自分を全て委ねてしまうことが、少し怖いと思う部分があったみたいです。自分が全部愛になってしまうと、エゴがコントロールできなくなってしまうような怖さなのかなと思いました。その後何度かこの瞑想をやってみましたが、最初に感じた違和感はもうありません。これまでのいらなくなった自分の感情や囚われと向き合い、コントロールを手放し、流れに任せられるよう、今まで教わったことをコツコツやっていきます。なんか重い感想文になってしまってごめんなさい。でも自分に起きる全てのことを感謝に変えられるって素晴らしいですね。三次元視点を卒業し、五次元視点へ進化させていきます!
★今日感じたのは自分にとってネガティブなこと嫌だなと思ったことを私は一晩寝たら忘れてしまうのでせっかくの学びをいかせているのか疑問に思っていました。でも今日の霊性開花のように改めて字にして書き出してみると意外としっかり学びを得ていることに気が付きました。自分では意識していなかったことでも着実に自分の身になっているのでよかったです。ただ、意識的に字にして書き出して今の自分の状態を把握することを定期的にやると自分の自信にも繋がっていくのかなと思いました。あと、以前は似たような悩みが解決したかなと思ったらまた押し寄せてきたのですが最近はあまりそんなことがないのでどんどん先に進んでいるのかなと話を聞いていて思いました。嫌なことが起きたらラッキー!学びの時が来たー!と素直に五次元視点になれるようにこれも日々の生活で生かしていこうと思います。

第40回 2022. 5.7「自分に向き合う」
ヴィパサナー瞑想を継続しようと思っているのですが、GWに用事がたくさんあり、なかなか気分を切り替えることができず、瞑想を続けられませんでした。あらためて仕切り直してやっているところです。楽しいことがあるとそちらに気分がいってしまい、時間はあるのに瞑想をしようという気持ちになかなかなりません。心が落ち着きたがらないようです。クラスの中で先生が、落ち込むストレスもあれば気持ちが盛り上がるストレスもあるとおっしゃっていましたが、まさに私は楽しいことが続いて毎日テンションが上がりすぎ、ニュートラルになかなかなれません。今の課題です。気分で瞑想するかどうかを決めているようではいけないなと反省しています。テンションが上がりすぎていると、雑念が次々と湧いてくると気付きました。雑念に気づくことはできるのですが、そこから戻すのに苦労しています。花をイメージするワークで、マーガレットやバラやかすみ草を束ねた可憐な花束がでてきました。クラスの直前まで寝ていたので、クラスの前に水を飲むのを忘れてしまい、とても喉が渇いていたので、花も「水をくれ〜」と言っていました。(瞑想の後に飲みました)

第39回 2022. 4.27「ヴィパサナー」
参加者は7日分の記録を提出していただきました。

第38回 2022. 4.17「覚醒への道のり」
★皆さんの質問を一緒に考える事で本当に良い時間を過ごさせて頂き、ありがとうございました。物事の捉え方(視点)を変えるだけで、どんな位置(エネルギー上)にも立てるという事がとても大きな気づきになりました。戦争の事でも、3次元の人間の視点(指の位置)から見ると、罪のない人の命を奪う最悪な方法で、残酷な人間性、意識の低さ、社会情勢の悪化など考えますが、俯瞰して地球の位置に立つと、先生が言われてたように5次元へ移行する為の膿だしで、災害なども含め起こるべきして起こっている事。そしてその時に起こる人々の死でさえも、地球に生まれてくる前に自分で決めて来た事なのかもと全く違う考えになりました。自分に起こるネガティブな事も、出来るだけ視点を上げて考えれるように出来たらと思います。ネガティブな感情は3次元の地球に生まれて来た特権だと思えるようになれたので、感じて、気分転換しながら成長できたらと思います。そしてネガティブに引き込まれない対処法ですが、最近相談を受ける事が多くて、とても勉強になったので、その日の夜勤時に新入社員の教育で相談された時、早速試みてみました。先生が言われてた「その人は、もっと高い意識の人」だから一緒に上に行こうという気持ちで、自分の軸もしっかり持って聞く様に意識してみたら、低いエネルギーにのまれる事なく、相手の顔も心なしか緩んできたように感じました。昨日のグループセッションでは「人生は自分の考え方次第!」なので、良い人生にするにはちゃんと自分に責任を持って生きていかないといけないなと思いました。
★今回は「抽象度を上げるとは」という質問に対してのお話で、いろいろ思うところがあったので、それについて書いていきます。抽象度を上げていくと、私も他人もお花も動物もパソコンも「物」という分類になり、普段感じてる「私は人間であり物ではない」という認識が、思い込みであったということに気付かされます。そうすると自分と全ての物体の境界みたいなものがなくなり、これがワンネスへと繋がっていくのだなと思いました。するとそういうことを考えているうちに、今の自分の在り方に問題を感じ始めていたことを、深く掘り下げないといけないということを思い出しました。霊性開花クラスで学び始めてから、まず私が一番取り組まなければならないと思ったことは、自己肯定感を高め、自分の全てを受け入れることだと思いました。そしてそのことに取り組んでいると、だんだん自分の中で何かエネルギーみたいなものが、今までよりうまく回り始めたような感覚になれました。それに加えヒーリングも学び始めたので、日常の中での幸福感が上がり、今の私はちょっとその心地良さに満足してしまって、次の目標に進むのを億劫に感じているなと気付いてしまいました。でもこれって自己完結というか「自分だけの幸せ」ですね。私が心から望んでいることは、その愛と幸せをみんなと分かち合うこと。私の幸せはみんなの幸せ、みんなの幸せは私の幸せ。そういうことを実践できた時に私は魂ごと救われるのだと思うから。今日の抽象度を上げるというお話を聞いているうちに、自分を満たすことはできるようになってきたので、これからは自分を受け入れたように、自分の世界、存在するもの全てをありのまま包み込めるよう、次の目標に向かおうと思いました。そのために毎日のヒーリングと瞑想の中で自分と向き合い、自分のやりたい仕事に対しての練習、そして自分が喜びで満たされる時間を過ごすことを楽しみながら取り組んでいきます。みんなと分かち合うためには、今は「まずは自分」ということをベースにやっていこうと思っています。あともう一つ、「霊性開花受講後の落とし込み方」で、他のみなさんがおっしゃってたように、「すぐやる」というご意見は参考になりました。私はマイペース過ぎるところがあるからです。「すぐやる」を意識してみます。そして実践したことを、毎日少しずつでも「繰り返す」ことも私にとっては重要なことなので、そのように進めていこうと思います。
★このたび、初めてグループセッションに参加させていただきました。
これまで人前で発言することを極端に嫌い、恐怖心を拭えなかった私に、あえて先生が発言の機会をくださり、戸惑いながらも個人的な悩みに皆さんが温かく受け入れてくださったことに、皆さんの愛=霊格の高さを感じました。あっ、これでいいんだ…躊躇せずに発言していくことに意味があるのだと気づきました。今後は、自ら考え発言をする努力をしていくことで日常に落とし込む、この方法で自分を変えていきます。具体的にはジャッジを手放し、職場での発言機会を増やすことから始めます。それから、グループセッションに参加するにあたって、自分の質問の内容が、ただ漠然とした問いかけになってしまったことこそが、先生からの教えを日常にきっちり落とし込めていなかったことが浮き彫りになった瞬間でした。セッション中は覚醒した皆さんの生の声を聞かせていただき、実行する、視点を変えていくという言葉がヒントになった気がします。そのヒントを得たことにより、先生の教えを日常に丁寧に落とし込めていきたいです。霊性開花受講の初期の頃から比べると、負の感情に振り回されない、未来の自分の在り方をイメージすることができてきたことに感謝です。
★グループセッションはみなさんの意見や感想が聞けるからとても参考になります。現状とこれからどうするべきかを、考えるいい機会になりました。やはり人間は1人で生きているわけではない抽象度を上げると、自分ではない人の疑問を生み出すことができる。これをもっと生活に生かしていこうと、思える会になりました。今まで結構自分が自分がと、思っているところが多かったのでこの変化はさらに楽しく生きるためには、必要だと感じました。自分で実践して体感していくと納得できるのでこの機会も増やしていきたいと思います。17日の最初の質問の世界の膿を出して世界が次元を上げていくと言うところの膿の部分が、いまいち納得できていないのでまた機会があったら詳しく聞いてみたいです。なんとなく納得はできているんですが腑に落ちていないというところです。

第37回 2022. 4.7「日常にスピリチュアルを落とし込む」
★今回は、私が絶対に克服したいと思っている課題を最後に先生が話して下さり、胸に響き、今必要とするとても良い学びになりました。この私の大きな課題を出してくれたのは、私の守護霊さんと先生がタックを組んでくれたのかと思い、嬉しくてとても有難かったです。それは恥をかく事や失敗する事などは、大きな学び、成長になると言う事です。私は今まで、恥をかく事、失敗する事がとても怖くて、自分の意見を言う事が、なかなか出来ませんでした。言ったとしても、差し障りのない事にとどめていました。しかし私の中ではこの事を克服すると、大きく成長でき、一皮剥けた自分に必ず会えると思っていて、大きなポイントでした。そう思いながらも"克服したい。でも怖い“の葛藤が続いていたんです。そう私にとっては、とても大きな課題です。しかし今回のメインの話しでは無かったにも関わらず胸に響いたのは「さあ乗り越えよう。その時が来ているよ。」と背中を押してくれているのだと強く思いました。もうやるしかないです!克服でき、成長した自分を思い描きながらトライして行きます。霊性開花が終了する前に、とても良い学びをありがとうございました。
★日常にスピリチュアルの学びを落としていく、このことにもっと意識を集中していこうと改めて思うようになりました。なぜならもっと自分の理想通りの生活をしたいからです。そのためにはスピリチュアルの考えを、ただ知った気になっているだけだともったいないと思いました。例えば感情に支配される問題。これはスピリチュアルの考え方で簡単に突破できる問題です。何度でも落とし込んで、身体と心に馴染ませていきたいと思います。あと今日は同じ問題に対して、他の参加者の方の率直な考えを直接聞く事ができて学びになりました。やはり同じ問題でも人によって考え方は違うし、それをジャッジせずに受け入れることで、物の見方がいろいろな角度からできて成長していける実感がありました。というわけで早速、感情で相手に返すことをやめ、それは嫌ですと冷静に言葉に出して言えるようにしようと思います。つい嫌な時は黙ってしまう癖があるので。言葉が出てこないんですね。今回も貴重な学びの時間をありがとうございました。
★一般的には、自分のプライドを傷つけられたりコンプレックスが刺激されたり、あるいは大切なものが傷つけられたりすることで人は怒ると思います。感情をコントロールするためには、怒りを感じたときに(後でもかまいませんが)、「なぜ自分は怒りを感じたのか?」と自己分析してみることが有効なのではないかと思います。「相手が間違っている」と決めつけてジャッジする気持ちも怒りにつながると思います。私も昔は怒りっぽく、人を思い通りにコントロールしたいという気持ちが強くて、思い通りに動いてくれないと怒っていたのですが、いろいろあって人間的に成長し、人をコントロールする気持ちを手放すことができ、その結果、人に対して怒りの気持ちを持つことが少なくなりました。クラスの中で発言したように、私は人に対して怒る気持ちよりも、自分を責める気持ちが強くて、ときにその責める気持ちに圧倒されてしまい、辛くなることがよくあります。先生がクラスでおっしゃっていたように、「これくらいできて当然」という自己評価が高すぎるために自分を責めるという問題もありますが、どちらかというと、「こんな失敗をしてしまって人を傷つけたのではないか」という罪悪感から自分を責めています。罪悪感と自分を罰する気持ちに飲み込まれず、どのようにコントロールしていくかがこれからの課題だと思います。「こういう罪悪感を持っているんだな」と客観的に認識することまではできていても、その気持ちを解消できていません。人にされた言動は寛容に許すことができても、自分を許すことができません。
この罪悪感にどう対処すればよいか、また別のクラスの機会にでも教えていただければ幸いです。

第36回 2022. 4.3「全ては繋がっている」
★今日、伺った、お話から一つ一つビジョンは見えないのですが、どんどん先生の波動と内容に涙が溢れて来ました。ウン、そうだよね、ジャッジしていないようで私今、色々ジャッジしていてスランプなんだ。でも、自分の全てをそのまま受け入れるって、どうしたらいいんだろう? 人と比べないのってなかなかできていないな。色々なものに魂があること、感謝するって凄く深いんだ。チャネリング出来るのは愛が必要なんですね。ビジョンを見る事、チャネリングでメッセージを受け取ることに、潜在意識で恐怖を感じていることに気が付きました。この恐怖を消せるだけの愛が持てるように教えていただきたい。このような事をお話を伺いながら、考えていました。感謝の祈りを捧げた時に先生のエネルギーが温かく、そして上から糸で引き上げて頂いている感覚で心がホットしました。今日の気付きを頂いた事に、感謝致します。
★未来の自分に会って気付いたことがあります。4ヶ月ほど前に会った未来の自分と、今回会った未来の自分は、印象がグッと変わっていました。姿形にあまり変わりはないのですが、前回は幻想的というか幻に近いイメージでした。それに比べ今回は、もっと今の自分と距離感が近く、すごく躍動感があって元気で楽しい感じの私でした。これが私の4ヶ月間の変化なのかな。この変化に気付いてひとり微笑んでしまいました。マイペースではありますが、前に進んでいる気がしたからです。あと、未来の自分と今の自分が合体し、「なりたい自分の感覚を感じる」というイメージをしましたが、「今すぐそのエネルギーになる」という感覚が掴みやすくなりました。今まで「なりたい自分になる」というイメージが掴みにくかったのですが、その方向を向けばいいということなんだということが、感覚的に理解できたような気がしたので、これから実践していきます。
★一言に感謝と言っても、奥が深いものであると感じました私は常日頃から周りの人や、ペットの犬たちにはいつもありがとうという気持ちで接していて、そこの部分は自分でも出来ていると確信を持っていましたただ、物にまで感謝の気持ちを持ち、物達も会話ができる、全ては魂、それはワンネスで繋がっていると気づいた時、自分の中でグッと湧き上がってくる感情があったのは確かですグッときた感情はなんでだろうと考えた時、私は物を粗末にしていたつもりはありませんが、感謝をする気持ちが欠けていたことに気づきました更に、この世の全ての存在に、優劣をつけず感謝の気持ちを込めて接していたかなぁ…とも考えさせられた瞬間でもありました日常においても、全てのものにありがとうという気持ちを、常に忘れないように過ごすことで、自分の中に落とし込めていけたらいいなと思います今回の教えを通して、全ては感謝と共にワンネスにつながっており、自分の霊格を上げて視界を広げていくことの大切さを、改めて感じましたそしてこれまでの霊性開花の受講により、少しずつですがジャッジを手放す習慣が身についてきた気がします俯瞰して受け入れることにより、自分自身の見える世界が、以前と違って見えてきていることに感謝です☺︎

第35回 2022. 3.19「ワンネス」
★本日の霊性開花は、ワンネスでしたがとても奥が深くて学びがいがあると思いました。なかなか難しいですが、少しずつ落とし込めて行けたらと思います。指の例え、とても分かり易く聞かせて頂きありがとうございました。家族もそうですが、今の私は職場での人間関係が当てはまります。指で例えると別々の人間だし、あんな嫌な人と関わりたく無いと思いますが、俯瞰して視野を広げると実は繋がっていて、"こんな嫌な思いをするから、より良い思いも感じれる"とか"もしかして、私の一部が映し出されている?"など感じ、嫌な人が1番勉強になっていると思いました。私の気づきの為に、嫌な役をしてくれているのかと思うぐらいです。捉え方が少し変わって、次元があがると嫌な気分も長引かなくなり、早く気分転換できるようになるので、楽に仕事ができます。生きていく上で、全く嫌な気分にならないと言う事は無いと思いますし、それも必要な学びだと思いますが、そんな時は指の話を思い出して、早く本来の自分(穏やかな自分)に戻れるように、落とし込んで行けたらと思います。低い所から見ると別々の人間で分離状態ですが、次元を上げて見ると、それぞれがそれぞれの役割を行なってくれているだけで、それぞれの全ての役割かあるからこそ1つの物が完成するんですね。反対に言えば、1つでも欠けると未完成のまま。どんな事があっても、全てが必要不可欠なものと思うと愛の波動に近づけた気がして嬉しいです。
★ワンネスとは次元の違う話なので、理屈ではなく感覚で感じるしかないものだとお話しがありましたが、私も先生がおっしゃるように「頭で考えるのでなく感じる」ことを意識して毎日を送っています。すると以前より「あ、また頭で考えてるな」と気付くことが多くなり、頭で考えてると自分の人生を複雑にしてしまうのだなということに気が付きました。「感じる」ことに意識を向けるようにすると、自然と「不快」より「快」を選択するようになり、「楽しい」「素晴らしい」「幸せ」と思えることに目が向くようになりました。小難しいことは抜きで「楽しい」は「楽しい」でしかなく、「素敵」は「素敵」。それだけで良かったんだなと思うようになりました。小さなことかもしれませんが、こういうことがわかるってすごいことなんだなと、自分の目が開かれていくような気がします。ワンネスにについても、「考えるな感じろ」を実践していくうちに、自然に「これだ!」というものが見付かるのではないかという気がしています。先生が言われるように「焦らず」、日々自分の心を平和に保っていこうと思います。あと今日のお話の中で「愛の視点」という言葉が、とても素敵だなと思いました。何かこれからの自分のヒントになりそうな気がしたので、「愛の視点」のイメージを自分の中で深め、日常の中に取り入れたいと思います。
★未来の自分と一体化するワークで、描いた未来のわたしは、地球で生きづらさを感じている人たちに一緒に楽しむ術を提供していきたい、そのために今この場があるのだといつもより強くイメージ出来ました。その未来の自分と一体化した時に、わたしもこの学んでいることをどんどん活かす、アウトプットしていくというイメージが浮かびました。わたしが描いた宇宙のイメージは、星が夜空に瞬き、土星が浮かんでいるというまさしく固定概念にある宇宙でした。しかし、目の前の景色も宇宙だということと、宇宙はわたしたちの外側ではなくて中にある、と言う先生のお言葉を聞いて、自分の細胞ひとつひとつが宇宙なのだと感じました。そのとき自分のなかのエネルギーが循環しているのをなぜか感じられました。ワンネスを体感するまではまだまだ及ばないところですが、瞑想を通じて体感してみたいです
★今日驚いたのは、自分のなりたい未来像として実在する人物が登場した事です。自分自身の輝いているところをイメージする誘導瞑想の時になぜか古田新太さんが出てきました。なぜ。どうして。?????初めて僕の未来像で実在する人物が登場しただけでなく古田新太さんが出てきたのでとても疑問に感じ、理解が出来ませんでした。特に古田さんのファンというわけでもなく、テレビのドラマでたまたま見たり住んでいる街中でたまに見るぐらいです。なぜこの方が登場したのか自分なりに古田新太さんのイメージを深掘りしてみました。自分の見えたものを疑わず深掘りしていくというチャネリングで習ったことを活用してみました。深掘りしていくと驚くべきことに自分がなんとなくそうであったらいいなあーと思っていたことをすでに体現している人だということに気がつきました。僕は自分では毎日好きなことをして充分楽しいなーと思って生活していました。ただ古田新太さんのイメージをしているうちに実は僕が求めていて今の僕に足りない要素が大きな規模でまだあるということに気がつきました。有名な方ですから僕より大きな規模というのは当たり前なのかもしれませんが。僕に今の規模で満足していいのかというもっと楽しく生きれるぞーということを教えてもらった気がしました。現状で足りないというよりはもっと広げられるよと言われている気がしました。具体的に目に見える形でなりたい未来像が意識できたことにありがたさを感じました。ああ!!そうか!!!ともちろん古田新太さんになること自体が、僕の未来像ではないと思いますが今まで具体的な未来像をイメージできた事がなかったので今日はとても嬉しい発見になりました。未来像を意識して自分の実生活に組み込んで生きていきたいです
★今回のワンネスという言葉はなんとなく聞いたことがあったのですが、例え話を用いて丁寧に説明してくださったので、なるほど!と理解できましたし、5本指を、辛い職場に置き換えてイメージしてみたら、なんだかじわーっとあたたかい気持ちになってきたのを感じました。頭で考えることが当たり前の私にとって、ワンネスという感覚を少しでも感じられた瞬間、涙が出てきそうになりました。それは、自分の中に分離した考え方があったということに気づかされた瞬間でもありました。そこを見つめ直し、『宇宙は自分の中にある』という視点から、次元を上げて物事をとらえていこうと思いました
★宇宙は自分の中にもあるんですね!ネガティブな感情でパニックを起こすと周りにもその感情が伝染して広がっていくので、いかに自分の中を穏やかにする事、平常心を保つ事が平和へ繋がっていくのだという事に気付きました。ワンネスとは家族、会社、嫌な人、怖い事する人、良い行いをする人などなど皆んな自分で、それぞれの役割分担をしながら成り立っているのだという事に気付きました。なかなか腑に落とすまでには時間が掛かりそうですが悪い所ばかりジャッジするのではなく少し高い視点から見るという訓練を気づいた時に繰り返して感覚を掴んで行きたいと思いました。

第34回 2022. 3.12 「祈りの効果とチャクラ」
★祈りについてお話を伺って、実際にみなさんと一緒にやってみたときに、ただただ自分が空っぽになった感じで心地よい状態になりました。その状態で光を送るとさらに嬉しい、私には何もできないと思っていたけれど、私にも何かできることがあって、参加されていたみなさんとの相乗効果もあって波動が上がっていることを感じられました。チャクラのお話では自分の長所をみるということで、以前はなかなか自分の長所を自分で上げることができなかったのですが、周りの人の状況を感じることができる相手の気持ちに寄り添える音楽ができるの3つがうかびました。そして、先生のお話にもありましたように短所と長所は表裏一体というのもすごく印象に残っていて、わたしはのんびりしていてそこが短所だなと感じていましたが、表を返せば長所にもできるんだと気づきました。
第3チャクラは自信を司るところということで、なかなか自信がないと思うことも多いので自分でもチャクラを光で満たすようにしてみます。今回のレッスン中に、わたしは自分が好きで楽しいと思うことを誰かに伝えたい、教えたい。ネガティブなところばかり見ていた自分から人のポジティブでいいところにも光をあてていく、と強く思いました。★今回一番自分の心が動いたのは、日本列島を空の上から眺め、日本と、ここに住む人々に癒しのエネルギーを届けるワークです。癒しと浄化のエネルギーが、光の雨のような感じでみんなのところに降り注ぐイメージをしているうちに、自分の内側に温かい何かが押し寄せてきて、それが涙となって流れていきます。すると今度はだんだんと、一緒にやっている皆さんとの一体感のようなものを感じ、自分と皆さんのエネルギーが結ばれて、ひとつの円になって繋がっている感じがしました。そして最初は皆んなを癒したいと思ってやっていたのが、最後には自分が癒されていることに気が付きました。終わった後も思い出して涙が出てしまいました。そして外側の何かではなく、自分の内側から溢れ出てくる充足感とか幸福感、喜びというものはこういうものなんだなとか、皆んなと繋がっていると実感できたことをとても嬉しく思いました。この感覚を忘れないよう毎日思い出して、刻み込んでいきます。ありがとうございました。
★日本列島を癒す瞑想では私の気持ちも癒されました。祈りのパワーについて今までにいろいろと耳にしていましたが、実際にどうやって祈ったらいいのかよくわかっていませんでした。今回のように、対象が光に包まれるイメージで祈るのはやりやすかったので、これから意識して祈ろうと思います。自分の中もポジティブなエネルギーで満たされ、とても心地よかったです。後半の「チャクラを開く」のお話では、長所をすぐに挙げることができたので、私の第3チャクラはいい状態で開いているのではないかと思いました。最近は生活が順調で特に不満もないので、ほかのチャクラもいい感じではないかと思います。これまでは、下の方のチャクラが弱かったのか、現実に足が付いていないふわふわした感じだったのですが、霊性開花クラスやセッションでいろいろ教わり、グラウンディングもできるようになって、やっと地に足がついた気持ちです。いい状態を保てるように、チャクラを意識した瞑想もしようと思います。
★未来の自分は扉を開けると外国の紅葉した森を上から見降ろした景色で自分は何処にいるのだろうという感じでしたが森の中なのか高台なのか…
建物の中で何故か上から下まで真っ赤なヒラヒラした服に包まれながら色々な人に何かを教えている様でした。想像も付かない事にビックリしました(^^)今、戦争に向けてどんな風に祈ったら良いのかと手を合わせているだけでしたが空からのイメージで光を送っていくという事を教えていただき、祈る事で波動も上がるし浄化もされるなんていい事尽くめですね。これからは自信を持って世界平和を祈れそうです。
第3チャクラ 自分の自信のなさから第5チャクラ 歌う、描くは好きですが自分の意見や思いを伝えるのは少し苦手です。これからは、言いたい事、言えてないなと思った時ミゾオチの風車に光を集めるイメージでジャッジを手離し自信や表現力を取り戻して行きたいと思いました。ありがとうございました。
★一度に意図した全てを癒す事ができる祈りのエネルギーのパワー、宇宙の計り知れない壮大さを改めて感じました。と同時に自分がその一部であり、与えれる事の喜びも感じ本当に幸せです。自分の短所も無理に直そうとしなくても良い。なぜなら見方を変えれば、それは長所にもなるから。全ては「ただある」それだけ。良し悪しは、自分や周りの見方で勝手に決めているだけ。今の自分が最高。宇宙は完璧に創ってくれている。そして、完璧なタイミングで今必要な事を用意してくれている。と思うととても気持ちが楽になりました。なかなか自分を愛せない人は、沢山いると思うので、ライトワーカーとして、少しでも楽になるよう役に立てたら、皆んなで幸せになれたらと、心から思います。チャクラの活性では第三チャクラ色の光で満たし回転させていると、どんどん暖かくなってきてとても心地よくなりました。呼吸法や瞑想もそうですが、本当に宇宙のエネルギーって、とても安らぎますね。

第33回 2022. 3.2 「霊格を高める」
霊格=愛(高い波動)★自分の心の中の器を満たして、初めて人に優しく出来る。★器から溢れた分が人に流れるので、自分の器は満たされたまま減らない。★自分を満たす事で、自然に人への愛が湧いてくる。少し違った捉え方をしていた自分に気付きました。もちろん自分への愛は大切だけど、自分が満たされて溢れた分が、初めて人に流れるのではなく、平行して人にも優しくする事だと思っていました。でも、それでは自分が満たされる事が無いですね。反対に減っていっちゃう。だから、自分が満たされないと、人に対して心から優しく出来ないですよね。先生の誘導瞑想で、30代だと思われる、若かりし頃の私に出逢いました。話しかけても笑顔になる事もなく、ただ平然と座っていました。そして、「もっと優しくして。もっと愛して。」と諭すように言ってくれました。「私を信じて、なんでも話しかけて。」とも。多分、冒頭に先生が言われた事を伝えてくれたんだと思います。自分をもっともっと愛していたら、自然に人にも優しくなり愛を与えられる。それが、宇宙の法則なんだよって。でも、自分を愛するって結構難しくて、中々出来ないでいます。だから先生の誘導瞑想で、もう1人の私が背中を押してくれたのかな。自分への愛が溢れて、人に流れて行きどんどん連鎖していくと、愛に満ちた素敵な世界になりますね。私もその流れを起こす一員になれたら嬉しいです。

第32回 2022. 2.27 「グループセッション」
★霊格=愛(高い波動)・自分の心の中の器を満たして、初めて人に優しく出来る。・器から溢れた分が人に流れるので、自分の器は満たされたまま減らない。・自分を満たす事で、自然に人への愛が湧いてくる。少し違った捉え方をしていた自分に気付きました。もちろん自分への愛は大切だけど、自分が満たされて溢れた分が、初めて人に流れるのではなく、平行して人にも優しくする事だと思っていました。でも、それでは自分が満たされる事が無いですね。反対に減っていっちゃう。だから、自分が満たされないと、人に対して心から優しく出来ないですよね。先生の誘導瞑想で、30代だと思われる、若かりし頃の私に出逢いました。話しかけても笑顔になる事もなく、ただ平然と座っていました。そして、「もっと優しくして。もっと愛して。」と諭すように言ってくれました。「私を信じて、なんでも話しかけて。」とも。多分、冒頭に先生が言われた事を伝えてくれたんだと思います。自分をもっともっと愛していたら、自然に人にも優しくなり愛を与えられる。それが、宇宙の法則なんだよって。でも、自分を愛するって結構難しくて、中々出来ないでいます。だから先生の誘導瞑想で、もう1人の私が背中を押してくれたのかな。自分への愛が溢れて、人に流れて行きどんどん連鎖していくと、愛に満ちた素敵な世界になりますね。私もその流れを起こす一員になれたら嬉しいです。
★他の皆さんの質問を聞いていて、「共感する部分」、「自分とは違うけど理解はできる部分」など色々ありましたが、今日は「自分とは違う感じ方」について、もう少し深く思い巡らせてみました。すると「そんなに違ってない」ということに気が付きました。「場面が違えば自分も同じような感じ方をしている時がある」とか「以前は私もそう考えていた」など、違うと思っていただけで、よくよく思い出してみると、意外に共通点があるものだと思えました。「他者=自分」ってこういうことなのかな、「自分を映し出す鏡」ってこういう感じのことなのかなと思いました。このことから、他の人と違うところに視点を置くより、何か少しでも共通点を探していく方が楽しいと思えたので、そういう練習をしていこうと思います。そうすることでもっと幅広い意見を取り入れることができ、自分の器も大きくしていけるかもとか、何より「あの人と私は違う」というジャッジを外し、「全てはひとつである」という実感を育てていけそうな気がしました。
★グループセッションに初めて参加させていただいて、みなさんの質問からも学ばせていただく貴重な時間でした。特に印象に残っているのが、物事をジャッジしないと言う言葉で、痛みや騒音などを不快に感じることを悪いことだと思わない俯瞰すると言うお話です。私は特に負の感情といわれるものに飲まれてしまうことが多いので、俯瞰してみるを日常の中でもやっていきます。私の職場の質問にも丁寧なアドバイスをいただきありがとうございました。アドバイスをいただいた時に感じたのは、いつも行くなといわれるわけではなくて、気遣ってもらえるときもあるし、逆に、わたしもみんなに対して全てに気を遣えているわけではない、グルグルと悩んでいるだけじゃなくてもっと軽い気持ちで伝えたらいいなということです。課題が言うべきことをきちんと伝える、我慢しない、ということでできるだけ明るく自分の言葉で伝えるように工夫してみます。

第31回 2022. 2.16 「エネルギーを高める」
★今回はエネルギーという事で、宇宙と地球のエネルギーを、身体に取り込むワークを教えて頂きましたが、前に、セッションで父のブロックを外して頂き、私自信のエネルギーが変わってから、なぜか、ふと思い付いた、同じようなワークを毎朝行っていたんです。「自己流だし、これで良いの?」と思いながら...それが今回、先生にきちんと教えて頂いて、しっくりハマりました。「あの時の思い付きは、ここに繋がってたんだ。導きだったのかな。」と嬉しくなりました。本当に不思議です。宇宙のはからいなのかな?このワークを続けていると、宇宙からエネルギーが入って来るイメージをした時、クラウンチャクラがジリジリ、モゾモゾするようになりました。本当に面白いですね。そして、有難い事に、エネルギーワークをしていると、肩こりや偏頭痛が全く無くなりました。太陽のワークも、毎日は行えてないですが、穏やかで幸せな気持ちになります。アーシングも、想像しただけで気持ち良さそうなので、取り入れていけたらと思います。

第30回 2022. 2.11 「未来の視点で生きる」
★セッションの回数を重ねていくうちに、もっと自分の奥深いところにある「自分の望み」に気付いていき、「より深く魂と繋がりたい、愛を知りたい」と思うようになりました。自分の内面を深く掘っていくと、最初の目的から思いもよらないところに辿り着いたりもして驚きますが、そうやって導かれているのだと実感しています。自分の本当の目的を知ることは、もっと探求したいという意欲に繋がるので、必要だと思いました。他に印象に残ったお話は、左脳を使うのではなく右脳を使うこと。「感じたことを素直に表す」というのは、私には難しく感じてしまいます。どうしても「ちゃんとまとめなきゃ」と頭で考えてしまうのです。もっと自分の感覚に意識を向けてみればいいのかな。実験してみようと思います。今日いちばん心を動かされたのは、テン先生が「もっとライトワーカーを育てていきたい」というお話されたところ。なぜか涙が出そうになりました。すごく愛を感じました。五次元アストラルで学ばせてもらって良かった、ここで一緒に学んでる皆さんと頑張っていきたいと思い、やる気もUPしました!試行錯誤しながらでも、負けずに前に進んで行こうと思います。
★霊性開花の効率の良い学び方を教えていただいて、わたしはなんでもすぐ忘れるのでなんでも聞いたことをすぐメモにとるタイプなのですが、確かにメモを取ること(メモを作成すること)が目的になってしまっていると気づきました。先生が仰っていたようにそれで満足していました。読み返しても、先生がこの時こう仰っていたな、と思い返しはすれど、自分がどう感じてどうして行きたいか、というところまで思い及んでいなかったです。そこから、メモの取り方を自分が感じたことや気づいたことに変えてみると自分が思っている素直な気持ちが出てきました。わたしは、これまでテン先生からいろんなことを教わってきましたが、どうしても自分に出来ているのか、というところに不安があります。ライトランゲージを教えていただいてから、繋がりを感じやすくなりだいぶ自信がつきましたが、それでもなんだかモヤッとしていて、それがなぜかと考えていくと、自分のなかで全てを完結させようとしているからだと思いました。学んでいる目的を改めて考えた時に、わたしは本当は自分を知ることから周りを知って自分も周りの方々もみんな豊かな気持ちで暮らせる世界を築きたいです。それなら、やはり学んできたことを生活の中ででも活かして周りにも還元していくことが今の私が出来ることだと思います。そう考えたら、わたしが出来るか出来ないかなんて実際問題ではないのかもと思えるようになり、先生が仰っていた「既にできている」ていで学んでアウトプットしいこうと前向きな気持ちになりました。今回のお話は、自分の人生の他のことにも活かせるので、日常にも取り入れていきます。
★僕の使命は人を楽しませること。自分がまず、楽しむこと。楽しいですねと言われるともっと楽しくなって、それを見て周りももっと楽しくなる。自分が楽しむためには自分の気持ちが穏やかで人に優しく出来ること。だから常に面白い状態でいるために日常で感情に支配されないことが大切だと思います。このために霊性開花でスピリチュアルの基礎を学んでいる気がします。まだ、腑には落ちていないことが多いのですが日常でイライラすることがあっても、自分の気持ちを意識して立ち止まれることが多くなってきた気がします。人に優しくするためには、まず自分に優しくするこれは重要なことだと思います。さらに直感を活かして、そのためには自分が面白いと思ったことはどんどんアレンジしてやってみる。インスピレーションはチャネリングですよね。今日の話を聞いていて、自分のインスピレーションを疑わずにどんどん実行していこうと思いました。すでにやっているかもしれませんがより意識して日々の生活で活かしていこうと思いました。
★色々考えてから決断して来ましたが1人ではどうにもならない事などは、一旦放置して現実逃避して来たのかも知れません。目標はヒーラーさんになる事ですがその前に高次元にアドバイスを貰って向き合いたと思ってた様です。振り返ってみれば今まで平凡だけど楽しい人生だったと思っていましたが、よくよく考えてみれば後悔(学び)も多かったのではないかと改めて思いました。これからは”自分に問いかける”を意識しながら過ごしてみたいと思いました。

第29回 2022. 2.2 「サイキックトレーニング」
★今日教わった五感のトレーニングをやってみて、感覚を使うコツがわかりました。
今までずっとビジョンが見えないことに悩んでいましたが、もっとありありと映像が見えるのだと思い込んでいたから「見えない」と感じていただけで、心の目で見るトレーニングをやってみると、おぼろげながらもちゃんと見えていることに気付きました。直感のトレーニングでも映像イメージが心に浮かんできたので、実は私は視覚が優位だと気付いて驚きました。大発見です!微細な感覚の違いを感じ取るとはこういうことなのか!と腑に落ちました。この感覚でメッセージを受け取れるのですね。今日教わったトレーニングは私に向いていると感じました。これからコツコツやってみます。
★今日の気づきはいろいろな感覚に意識を向けてみようと思ったことです。習ったトレーニングは以前にも習ったものでしたが、その頃は僕の感覚はビジョン派なのでそれ以外の感覚で感じてみる意識はありませんでした。ビジョンに固執していたのです。ビジョン以外では読み取れないと思っていました。ただ今日のトレーニングをしているうちに自分の感覚をフルに活かして読み取ろうとなぜだか自然に思えました。不思議ですが。でも確かにそんな能力がすごいわけでもない人物が目に見えないものを読み解いていこうとするわけですから持てる限りの感覚を活かすのは必然だと気がつきました。今日習ったことを日常で活かしていきたいと思います。自分の感覚を信じることが大切だと気がつきました。

第28回 2022. 1. 19「雑念を払う」
★ヴィパッサナー瞑想を、改めて先生の誘導で行ってみると、今まで自分で行っている時は、意識していない所まで、教えて頂く事ができ、とても良かったと思います。自分で行っていると、どうしても同じ所を意識しがちで、同じような感覚を得る事が多かったのですが、先生が言われていた「同じ呼吸は無い」という事が、少し分かって来たように思います。今日教えて頂いた呼吸法も、とても気持ち良く、私に合っているように思います。復習の意味も込め、講座のあと早速やってみました。やはり、穏やかな気持ちになり、とても良いです。これから毎日行っていきたいと思います。今日の基礎を、しっかり実践しておさえ、雑念が少しでも少なくなったらと思います。楽しく学ばせて頂き、ありがとうございました
★今まで呼吸で「吐くとリラックスする」という感覚になったことがなかったので、どうすればリラックスできるかを考えながら呼吸法をやってみました。そこで気づいたのですが、私は若い頃に楽器を吹いていたので、お腹に力を入れて空気が一定のスピードで出るようにコントロールしようとしてしまう癖がありました。そこで、お腹で支えるのをやめて、吐く息とともに力が抜けていくイメージをしながらやってみると、うまくリラックスできました!
★今日は今までの霊性開花で習ったことを総復習する気分でした。やはり初めて聞いた時より体に馴染む気がして、習ったことが自然と体に身についてきているのではと思いました。今日の1番の学びは瞑想中の雑音を敵扱いしないというところです。雑音も受け入れそれがあることでさらに瞑想が深く出来るようにする。これが今後、身についていけるといいなあと思いました。やはり突発的な音には気持ちが引っ張られてしまいますのでこれが身につくとまたさらにレベルUPして、日常生活でも目の前の現象に集中して感情に支配されない自分を手に入れられると思います。

第27回 2022. 1. 10「世界は幻〜ノンデュアリティの世界」
★今回は「この世界は幻。映画のようなもの」というお話しでした。
10年ほど前の自分を思い出しました。その頃の自分は、「苦しいことはあっても、自分のストーリーから出たくない」という内容のことを思っていました。そんなに達観してしまうと「自分」ではなくなるみたいで、自分で「自分」と思っているものへの執着が手放せなかったのです。それから年月を経て、今では「自分のストーリーから解放されたいのにもがいている状態」になりました。今日の先生のお話から、映画の中で演じている自分に気付き、それを俯瞰してみる習慣を付け、それが自然にできるようにします。そしてDVDを変え、違う世界を見たいと思いました。先生が言われたように、自分の映画のゴールはどこか、何を目指すのかを今一度考え、ゲームのように攻略を楽しみたいです。
★ノンデュアリティの話わかったようでやはりわかっていないのが現状です。ただ何かつらいことや大変だと感じることが起きた時にこの考え方ができれば、人生が楽しくなると感じました。僕は基本的に毎日楽しいのでカセットを変える必要を今は感じていません。大変に感じている人にこの考え方が広がっていくと世の中が幸せになると思いました。この考え方をどう人に伝えるのかそれが出来ればいいなあーとぼやーと思っています。そのためにもやはり感覚をもっと磨こうと思います。今よりもっと感謝をする。今よりもっと直感に従う。今よりもっと目の前のことに集中する。日々の小さな積み重ねで気がつくことが出来たらと願っています。
★ノンデュアリティについてお話を聞いてなんとなくこんな感じなのかなと想像は出来たのですが、実際体験するには勇気がいるなと感じたのが率直な感想です。良いも悪いもない世界。今の自分は良い悪いのジャッジに日々左右されていて、仕事中心のダメな自分です。でも、そんなことも自分が見ているまぼろしであってみたいチャンネルに変えられる。ゲームのように今の状況をクリアできるように攻略する。そう考えるとと少しワクワクする感じはしました。自分の人生にタイトルをつけてみると人とのかかわりからみつけるー自分らしい生き方ーというのが浮かびました。今大変なことが続いているので、そこから抜けたいのですが、わたしはそこになにか楽しさ?をみつけているのか。今そこをどう攻略しようかと模索中です。

第26回 2022. 1. 6「龍に繋がる」
★新年早々金龍さんからメッセージをいただく会ということで縁起がいいと感謝しております。僕もメッセージをいただけました。このメッセージに自信が少しあるのは以前は思っていたけど忘れていた、最近意識してなかったことだったのであえてそれを思い出させてくれたと感じたからです。チャネリングのメッセージを受け取る時にもこの感覚を忘れないようにしていきたいと思います。新年からいい学びをいただき嬉しいです。よい年になっていく気がします。受けたメッセージに自信がもてる一年にしていきたいです。
★感謝のワークは前だと、対象として思い浮かぶのは、ほぼ人だったのですが、今日は、物や自然、高次の存在など、地球や宇宙にある色んなものに目を向けて、感謝している自分がいました。金龍さんと繋がるワークはたまに気付くと、龍雲やダブルレインボーが現れていたり、銀龍さんが、二の腕の所にいたり、目を閉じると浮かんできたりする事はあるのですが、このワークは初めてで、壮大な金龍さんが微笑んでくれて、とっても穏やかな気持ちに包まれました。ありがとうございます。
★まず自分の身近な人たちに感謝。自分に繋がりのある方々に感謝。ペット達に感謝。そのうちにあの人にもこの人にも、世界中の人々に感謝したい気分になってきます。そしてご先祖さまや守護して下さってる方々、宇宙にも感謝。そして自分にも感謝。きりがなくなりそうでしたが、感謝していると自分が気持ち良くなってくるのですね。これが波動が上がっている状態なのかなと思いました。そして今日初めて「感謝することでみんなと繋がっている」という感覚にもなれました。このような感覚になれるとは思っていなかったので驚きでした。毎朝ご先祖さまや守護してくださる方々と亡くなったペット達に、感謝のご挨拶をしているのですが、もう少し時間をかけ、今日やったような「感謝を送ること」を日課にします。

第25回 2021. 12. 30「グループセッション」
★今回学んだことは、大きく分けて二点あります。一つ目は、嫉妬、イライラ、雑念など、自分が「ネガティブなもの」と判断してしまいがちなものを、悪者扱いせず、そういう自分の状態に気付き、ただ事実だけを見ることで、今の自分の現実は、自分の思い込みが生み出した幻想だったということに気付けたことです。そして一見ネガティブに思ってしまうことも全て学びに変え、「学ばせてくれてありがとう」と感謝に変えていくこと。私は頑固な思考の囚われから抜け切れずにいたのですが、ようやくこれらのことが、頭ではなく心で理解できるようになり、家族に対しての囚われからも解放されました。二つ目は、愛についてです。てん先生が「能力ばかりあっても愛がなければ意味がない」とお話しされていましたが、そのことは本当に心に響きました。全ての根底は愛なのだと気付かされました。愛が土台になければ、何をやっても最後は虚しさや不毛感が残っていたからです。これからは自分の中に少しずつでも愛を育てていって、みんなを包み込めるように大きく成長させていこうと思いました。
★嫉妬の仕組みがとてもよくわかりました。嫉妬したときに相手より自分が下だと思えばそんな状態は嫌なので今後、嫉妬することはなくなっていくと思います。しかもその人は自分がなる未来の姿であると知った今はますます嫉妬が減ることでしょう。あと、瞑想をする意味ですが日頃の生活に生かしていくことが目的というのも納得できました。全てはつながっている。スピリチュアルだから家族だから社会だから個人の話だからと分けて考えがちですがそうではなくすべては繋がっているんだということがうっすらわかってきました。この思いを2022年の生活に生かしていきたいと思います。今回も貴重な時間をありがとうございました。

第24回 2021. 12. 19「未来の自分に会う」
★「未来の自分」は、私の想像の産物ではなく、もうすでに私の中に存在していて、今までは「可能性」だったものが、やっと顕在化したのだと感じ、感動してしまいました。どうすればもっと自分を愛せるようになるかという問いかけには、「ただ自分であればいい」という答えが返ってきました。それはこれまでの自分に一番欠如していたものかもしれません。私には根強い自己否定があるので、知らず知らずのうちに自分ではない何者かにになろうとしていたのかも知れないことに気付きました。これらのことから、自分自身でいること、自分の軸をどこに置けば良いかを、頭ではなく感覚やイメージで捉える手がかりをつかめました。考えすぎていたり、頭の中が忙しくなってきたら、未来の自分(なりたい自分のイメージ)や、自然を五感で感じているイメージに意識を集中させてみると、ほっとした気持ちになれ、自分軸に帰れるような気がします。まだまだそれらが自然にできるほど、自分に定着してはいないですが、私にとっては大きな一歩です。ありがとうございました。
★とても興味深い内容でした。最近、【未来の自分からの視点】というワードを良く耳にしておりました。全ての質問が全て同じ答えになっており【自分を赦す、許可をする。自分を認める】どの質問にもこの答えしかなかったです。今の自分が必要としていた答えでした。そして、許可が出来ていなかった。赦せていなかった場面ととともにイメージとしてメッセージは届けられていました。今、必要なメッセージを降ろしてくるワークとして未来の自分だからこそ納得できるメッセージであり腑に落ちる内容でした。
★未来の自分はさらにこう言ってました。「もっと好きなことをやる。やりたくないことはやらないを選ぶ」手放すといいことは「なんでも行動する前に私には無理だと諦めてしまうこと」気球に乗せてこのマインドを手放しました。そしたら、未来の自分は「わたしにはできない、よりも、どうすればできるのかを考えるといいね!」と声をかけてきました。全部今の自分に必要なメッセージだと感じました。その後の満月のワークでは、すごくリラックスしすぎてあまり覚えてないのですが、色々悩んで考えていたことがあったのですが、もっとシンプルに考えていいのではとスッキリした気持ちになりました。★80歳か90歳くらいの自分が出てきて驚きました! 話を聞くと、いま私が愛していてこれからも愛せるか不安になっていることについて、未来の私は「私は今でもそれを心から愛しているよ」とニコニコして言っていたので、思わず涙が出ました。自らが選び取ったことだけでなく「手放すこと」も選択の一つなのだなとあらためて思いました。その選択の先に、今日会った未来の自分がいると思うとワクワクします! 選択を意識的に行うことができそうです。

第23回 2021. 12. 12「ワンネスの一側面」
理屈ではなく、自然に思って生きていけるようになるために自分の中で腑に落とし、今日学んだことを日常生活で意識していきたいです。そこで意識するポイントは3つありました。・宇宙で起こっていることは自分のこと・宇宙は自分の一部で他人事ではない・過去も全部繋がっている。書き出していてやはり何となくぼやーとしていますが常に見直して意識してみたいと思います。ワンネスの例え話はとてもわかりやすかったです。これこそが上にあげた3つの意識するポイントに繋がっていくと思います。ワンネスについて意識しづらくなったら、この話を思い出してみたいと思います。
★ワンネス、なかなか腑に落とすには難しいですね。今の時点では、やはり難しいです。全く知らない人の、全く関係ない事と思っていました。まさに分離の考え方ですね。「ワンネス」とても奥が深いです。少しずつでも腑に落として行けて、分離から統合へと自分自身を成長させて行きたいです。
★私の中で「すべては自己責任」という思い込みや押しつけがあることに気付かされました。すべてが影響していて、遠い世界の話でも自分は無関係でないという話は腑に落ちました。普段から、小さなことでもよい行いをすればめぐりめぐって世の中がよくなると思っています。また、自分が同じ立場に置かれたら、同じことをする可能性もゼロではないので、そういう今では犯罪者にも共感できました。でも、ワンネスの感覚はそういう「一日一善」や「共感」のこととは別なのかなと先生の話を聞いて思いました。すべてがひとつである、あなたは私という感覚と理解しましたが、そういう感覚を持つと具体的にどういう気持ちになるのか、どのような真理を知ることができるのかまでは、私はまだつかめていません。ワンネスのことをもっと詳しく知りたくなりました。また教えてください!

第22回 2021. 12. 4「この世は愛と感謝しか存在しない」
★ネガティブになるのは感謝が足りない」と言うお言葉、ハッとしました。本当にそうですね。ネガティブは学びの場とか、他人は変えられないが、自分を変えたらまわりも自然と変わるとか、無いにフォーカスするのではなく、在るにホーカスするなどは、よく聞く話しなのですが、直ぐに忘れてしまい、中々できないでいます。何かあった時に、また思い出しての繰り返しです。色々なネガティブ経験をさせて貰って成長していくのは、分かっているつもりで…本当につもりです。このネガティブな気持ちとしっかり向き合い味わってから感謝をしよう。そして、落ち着いてきたら、自分の波動が上がる事をしよう。と心掛けるようにしています。
今日、教えて頂いた許す・受け入れる→感謝→信じるが自然にしていけるように、習慣付けれたらと思います。
★ネガティブなことに心が引っ張られてしまうことについてですが自分のことしか考えていないというテンちゃんの発言に納得できました。自分の書き出したことに当てはめてみるとその部分が多々ありました。過去に思ったネガティブな出来事から何が学べたのか書き出してみてネガティブなことが起きたときにすぐにこれは学びだと思えるように習慣づけていきたいと思います。最後の太陽をイメージするワークは外で実際に太陽を感じることが出来たのでとてもわかりやすく出来ました。太陽が当たっている身体の部分がとても温かい。当たり前かもしれませんがこのことをいつも以上に感じることが出来ました。その温かさはたしかにパワーがみなぎってきます。太陽の温かさは偉大です。この感覚も忘れずに今後に生かしていきたいです。
★私は自分でも感謝が足りないという自覚があるので、感謝のワークはとても参考になりました。自分で感謝しようと思っても、なかなか対象を思いつかなかったりしたので、誘導してくださってスムーズにできました。自分の中で感謝できない原因をもっと掘り下げてみようと思いました。たとえば、あって当たり前という気持ちがあるとか、「少しだとうれしいけど過剰なら迷惑」という気持ちがあったりして、心から感謝できていません。世の中の現象には何でも感謝することが大事なんだなと思いました。それに感謝できず、ネガティブな思いになるのは、自分の心や受け止め方に原因があり、それに気づいて乗り越えたら、自分の成長につながるんだなと腑に落ちました。他の方へのアドバイスもとても参考になりました。やはり誰しも人間関係で相手を思いどおりにしたいという気持ちを持ってしまうものなので、その対処方法が具体的にわかってよかったです。自分が渦中にいるとなかなかそうは思えないものですが、まずは形だけでも感謝してみることが大切なのですね。自分のことを掘り下げて考えてみると、感謝できない原因は自分の被害者意識かなと思いました。つまり、仕事をいただけるのはありがたいけれど、その仕事を「課せられている」「やらされている」被害者としての意識が強そうです。感謝できないのはそこに原因がありそうなので、どうすれば感謝できるのか視点を変えてみます!
★霊性開花クラスでの課題に真面目に取り組んでいるのになかなか効果が出ないな…と焦っていたのですが、ひょっとしたら効果かも?と気づいたことがあります。私は昔からなかなかコツコツと努力することができず、いろいろ挑戦しては挫折するのを繰り返しているのですが、ここ1〜2か月くらいで急に、継続できるようになりました。私は数か月や数年先の目標ばかりをみて、現実的な努力をなかなかすることができず、夢見がちで焦ってばかりだったのですが、霊性開花クラスでいろんな課題をしたり、瞑想に取り組んだりしているうちに、毎日継続すること、先のことばかり見ずに「今」にフォーカスすること、過程を楽しむことのコツがなんとなくわかってきました。まだまだ初歩的な変化ですが、私の人生においてとても重要な気づきでした!一過性の学びではなく継続型のクラスなので、このような継続の力を身につけることができてとても感謝しています。ありがとうございます!これからも真面目に取り組みたいと思います!
★「世の中、愛と感謝しかない。ネガティブな想いは幻にすぎない」私たちがこの世に生まれてきてこの世界に 学びに来た事を忘れ日々、嫌な出来事にフォーカスしてしまっていると学びどころか、楽しさや嬉しさまで取りこぼしてしまう。人は何故イヤな事を避け、さらに嬉しき事すらも 受け取ろうとしない。素直に受け取れなくなってしまっているのだろうか。常に「ある」のに「ない」という幻に捕らわれ、自らが不幸であることを(無意識に)望んでいるかのような選択をしている。「人は常に幸せにしかなれない」はずなのに目の前のネガティブな現実が 全てであるかのように捉えてしまう。≪与えられた全てがギフトである≫にもかかわらず。
★世界の全ては愛と感謝でできている。そこから離れると分離が起こる。知っているのと体現するのはなかなか難しいですね。どうしても難しいのは、「家族や友人を傷つけた人を許す」というのがとても難しい、、、。と感じています。それは、もう一つ奥へ行くと、傷ついている人をどうにも癒せない自分が嫌なんだな、と今回感じました。これは、周りの人をコントロールしたいという気持ちが私が強いのですが、そこにも影響しているな、と感じました。全ては学びですね。兄が私にその学びをくれているのかもしれませんね。気付きは本当に感謝です。ただ、兄の事については本当に疲弊してします(笑)何度も門を抜けた!と思っても、すぐに壁が合って鼻を打ち付ける様な、何度も何度も繰り返し来る怒りや悲しみ、寂しさは本当に疲弊してしまいます。許しというのは許しを続ける状態を保つという事、と今までの体験で感じていますが、インドで腰を打ち付けて死の淵をさまよってでも心の平安が一刻も早く欲しいな、と思う時もあります。

第21回 2021. 11. 23「瞑想を深める」
★いろんな方の感想を伺って、ほかの方の取り組み方を知ることができてとても参考になりました。漫然と瞑想するのではなく貪欲に目的意識を持ってやったほうがいいのだとわかりました。私は呼吸を意識することばかりに一生懸命で、肝心の呼吸をしっかり感じられていなかったなと気付きました。私の場合は目的意識や課題を持って瞑想をすると課題に一生懸命になってしまって、自我が強くなり雑念になっている気がしたので、何も考えずに瞑想するようにしていましたが、結果として、あまり深い瞑想ができていないとわかりました。ポイントがよくわかったので、これからも継続していきたいです。
★私は数年かけて瞑想自体どんなものなのかの把握がどうしてもできなかったのですが、今回瞑想の意味がようやく分かった気がしました。今まで、「呼吸に集中する」という言葉の意味や状態が全然わからなかったんです。多分、、、今回の気付きが本当なら、大変な思い違いをしてたのかなぁと感じます。皆さんの感想を聞いていたら、もしかして瞑想って、「瞑想の状態に自分を持っていく」のではなく、「自分の状態を知るために瞑想をしている」という事なのかな?と気付きました。瞑想はスキルじゃなくて、瞑想はツールなのか、と。これで合っているのかな?間違っているのかな?というスタンスだと、観察しているようでわからないのは当然だったかもしれない。と。「瞑想ができるとようになるという事が大切」なのではなく、「今を味わうのに瞑想はとても有意義な方法」という事だったのかなという発見です。
★ヴィパッサナー瞑想正しく、後半何を感じたらいいのか解らなくなり何をしたらいいのか?悩んでいたところでした。
テンちゃん先生のおっしゃる様にその先が醍醐味 とのこと。空気自体を感じる事を意識して瞑想してみます。また、一瞬ですが呼吸ではなく、空気の流れなのか自分の周りの空気感を感じられることがありました。空気を意識することに重点をおいて瞑想してまいります。

第20回 2021. 11. 13「損得と正義から自由になる」
★自分の悩みが何に囚われているかを客観的に見ることが出来てとてもいい機会になりました。自分では囚われてる気はなかったのですが損得勘定に縛られていることがわかりました。確かに当たっている気がします。直感で動いている時はいいのですが、一瞬迷いが生じる時はこの損得勘定が自分の考えに影響を与えている気がします。今回のワークで今後、迷ったときに損得勘定を抜きにして考えて決断してみようと思うようなりました。他人の目を気にせず、自分の欲望に素直になってみようと思います。そんな機会を見つけられる機会がもらえてラッキーだな~霊性開花に参加してよかったなと思いました。
★今日の霊性開花のテーマは非常に深い内容であった。現実社会は「損得勘定」と「他者との比較、ジャッジ」の仕組みで成り立っており、多くの人がその考えで行動をしている。企業にもよるが、自分が勤めている会社は利益ばかりを追求しているので、会社組織として損得勘定、ジャッジの意識が根付いている。なので、その損得勘定、ジャッジ以外の考え方をすると排除をされてしまう。そのような環境で「自分軸」で生きることは難しいが、スピリチュアル的に考えると自分軸を持っていることが強みであり、それを周りに波及させる役目があるにかもしれない。

第19回 2021. 11. 6「ライトワーカーとは」
★今日のお話を聞いて、ライトワーカーとはスピリチュアル的なすごいことをする人だと思い込んでいたなとわかりました。今すぐに実践できることだとわかって、周りをポジティブな気分にすることは普段から意識していたので、これからも継続しよう!と思いを新たにしました。周りの人を明るい気分にする方法としてもう1つ思いついたのは、自分の好きなことを楽しんでいる様子を発信することもよさそうだなと思いました。私はあるアーティストのファンで、その人を応援している様子を発信していたので、周りの人も楽しい気分になっているよとよく言っていただけます。自分が満たされたうえで、少しでも周りの人が楽しい気分になるように、楽しいことを発信していきたいです。今日のお話はとてもわかりやすく、自分の立場で考えてもいろんなことが思い浮かんで、すぐに実践できるなと思いました。
★テーマであったライトワーカー。前にもライトワーカーについての話は聞いたことがあったのですが周りを照らしていく光になるというと大袈裟で大変な感じがして自分には遠いものだと思い腑に落ちてはいませんでした。ただ、今回の霊性開花で僕もライトワーカーであると確信しました。ちょっとしたことでいい。できる事でいい。少しでも他人が輝いたらライトワーカー。これは僕がありがとうという感謝を日々伝えることで出来ていると感じました。さらにこのライトワーカー的な行動をしても現象は変わらないけど目に見えないエネルギーは変わっていくという話がとても腑に落ちました。自分自身が現象にとらわれがち目に見えるものにとらわれがちなんだなと気づきました。

第18回 2021. 10. 31「霊格の段階」
★疑問に答えていただけて疑問が解決しました!霊格とはどういうものか私の中で曖昧でしたが、成熟度合いの図がとてもわかりやすくて、スッと頭に入ってきました。これから先の自分の指針になるお話だと感じました。世の中を俯瞰できるようになれそうです。
私はどこの段階だろう?と思うのですが、固定する事なく、行ったり来たりしているように思います。なんとなくイライラする時には赤ちゃんへ、打って変わって期限がニュートラルの時は壮年へ。あとは、事柄によって行ったり来たりもしていそうだなと思います。仕事に集中している時の目の前の展開を捉える時は赤ちゃんステージ側の近くに行きやすく、瞑想・占い後の目の前の展開は壮年ステージの近くですとか。。私はどのステージでも、周りの人との関わりで苦労をしているな、という印象です。例えば、私が赤ちゃん付近ステージの時はやはり自分自身がエナジーバンパイアになる気がします。寒いと割とすぐにそのスイッチが入っていたのですが、ここ最近、瞑想をし始めた頃からその状態を俯瞰して見ている気もします。赤ちゃんの時期から壮年のあたりが内在している感覚がありますが、本当はどうなのかな?と気になりました。

第17回 2021. 10. 21「満月ワーク」
★他の方の感想の中で「目に見えるものばかりの世界で生きていると自分でも気がつかないうちに目に見えないものに対して自信が持てなくなっている気がします」という文章を見て、私も仕事が忙しく目に見える世界にばかり集中していると、自分の感覚に鈍感になるなと気付きました。これではいけないので、自分の感覚と向き合う時間もきちんと設けたいと思います。満月のワークはちゃんとしたのは初めてだったので、やり方を知ることができてよかったです。手放したいものはいろいろと思い浮かんだので、私はそれを大きな気球に乗せて大気圏の彼方まで飛ばしていくのを想像しました。感謝をしながら繰り返し気球に乗せていくと、何度目かで自分の中で「まだ手放したくない!」と執着する気持ちがあって驚きました(手放したいのはゴミなのに…!)時間内ではその気持ちと十分には向き合えなかったので、あらためて掘り下げてみたいと思います。満月のパワーを感じる瞑想では、月がこんなに近くまで来てくれることに驚いて、感激しました。月は遠くにあって手が届かないイメージだったので……自分の中の捉え方も変わりそうです。パワーを浴びて、体がポカポカしました。
★今日は今の自分に必要のないものを書き出すワークでした。いろいろ書き出して、今の自分に必要のないことが客観視できて面白かったです。その書き出したものをぼーっと眺めていたら共通点にも気がつきました。全ての必要のないと思っていることが起きる原因は自分自身のめんどくさがる気持ちから起きていることばかりでした。今はいいやと後回しにして結局そのままになっていたり。私の場合は思ったらすぐに行動していくことが必要のないものを減らしていくことにつながっていくのではと気がつきました。ですのでワーク終了後、早速、書き出した出来ることから始めてみました。今のところ、その状態を保ているので気持ちがいいです。これからもこの状態を続けていけるようにすぐに行動することを常に意識していきたいです。まだ、手をつけていない必要のないことに対しても向き合っていこうと思います。今日も素晴らしい時間をありがとうございました。
★今とてもお金の面で怖いんだなと言う事に気づきました。光に包んで空に返すと言うことも落ち着かず、いそいそと淡々としてみたところ、少しですが全てが受け入れられたような感覚になりました。何度も何度もやっていくうちに、ありがとう。一つ一つでいいからクリアにして動かないといけないということを教えてくれてたんだね。と言う気持ちになりました。ここ最近、同じことでつまづいていたんですね。まずは生活の基盤。一旦、一定時間でもストップして、生活できるように引っ越しの段ボールを片付けたいと思います。

第16回 2021. 10. 13「守護霊と会う」
『今日は参加者が少なかったため、守護霊の見方を教えていただきましたが。今までで1番、守護霊の見方に対してモヤモヤが解消出来ました。あれ?出来るかもと思いました。そう思えるようになったポイントは「リラックスすること」「見えたものを信じること」この2点が心にすっと入ってきたからです。体調とかもあるのかな。リラックスの大切さは落ち着くこともあると思うのですが邪念を払うことが本当に大切なんだと気がつきました。邪念が入ると直感が操られせっかく見えたものを都合よく見てしまって見誤る原因になってしまう。なぜか今日は自分の直感に確信を持って守護霊を見ることが出来た気がします。見ようと強く思うよりちゃらんぽらんな気持ちで見たことが邪念を払うのによかったのかもしれません。あともう1点の気づきですが、目に見えるものばかりの世界で生きていると自分でも気がつかないうちに目に見えないものに対して自信が持てなくなっている気がします。見えたけどつい疑ってしまう。でも、多くの人に見えていないものを見ようとしているのだから、自分が見えたものに自分で確信を持たないと見えていないことになってしまう。これはもったいないことです。きっかけを掴みつつあるので瞑想に力を入れて見えたものに自分で確信を持っていきたいです。そのためのコツも今日、教わったので今後に活かしていきたいです。』
『霊性開花クラスで守護霊の見方を教えていただけるなんてラッキー回でした。そして霊性開花のクラスがいかに大切かもわかりました。サイキック能力はトレーニングであげられるけど、スピリチュアル能力は日々の生き方のたまものなんだなと感じました。まだまだですが一歩づつ積み上げて本物のライトワーカーになりたいと思います!有意義な時間をありがとうございました。』

第15回 2021. 10. 9「ヴィパサナーと花ワーク」
「今日の霊性開花でいかに目の前の出来事に集中せず生きているかに気がつきました。慌てている時こそこの感覚は必要だと思いました。イライラしがちなので、、、どんな時でもこの感覚が出せるようにまず3分から瞑想を改めて始めようと思います。今まで何回も挫折中、、、どうしても体が痒くなってそこに意識が引っ張られがちなのでこれも瞑想が続かない課題だと思います。花を思い浮かべるワークでは紫色の蕾のチューリップでした。あまり日頃から意識しない色に驚きました。あと、メッセージとしては今、集中しているのでほかっておいて欲しいと言うところも意外で驚きでした。ただ、蕾なので何かがこれから開花する前触れなのかもと楽しみです。今日もたくさんのアイデアが出て良い時間だったのでこの波動の違いを意識してどう人類に貢献していけるのか今まで以上に楽しく直感で生活してみようと思います。
「丁寧な瞑想では、息の流れに集中してゆっくりと呼吸のエネルギーを感じることが出来ました。わたしは今に集中するということがなかなか苦手なのですが、今に集中していると感じられたので今後の日々の瞑想に取り入れていきます。お花のワークで出てきたイメージは、蓮の花でした。今から開こうとしている感じででも沢山の蓮の葉のなかにひとつだけポツンと咲きかけていて、とても寂しいと言っていました。蓮の葉に囲まれているけど、わたしは花だから蓮の葉にはわたしのことはわかってもらえないのと、言ってました。ワークの後、お花が自分自身だと教えていただいたときに、まさに今置かれている私の状況だったので驚きました。そして、わたしはやはり寂しかったんだと、わかって貰えないと感じているんだと自分の気持ちや感情に向き合うことが出来ました。蓮の花は咲きかけていたので、きっとこれから咲いていくのかなと自分では思っています。」
「最初の花のワークでは、そびえ立つような巨大なマーガレットのイメージが空中に浮いて出てきて、びっくりしました。水がほしいというのでバケツで持っていったら、あっという間に吸い上げるので、ホースでじゃんじゃん注ぎ足さないといけない感じでした。話しかけてみても、言葉が通じないみたいで虚無な感じでした。謎でしたが、瞑想の後で『それが自分のイメージ』と言われたので、意外でしたが、言葉少ななところが自分らしい気も…。あらためて自分で瞑想して花に会いに行って真相を確かめようと思います。ヴィパサナー瞑想では、座っている椅子が少し体勢が難しかったのでなかなか集中できず、お腹すいたなあ…などと雑念がいろいろとわいてきました。体調と周りの環境を整えて始めることが大事だなと思いました。特に両足をしっかり床につけないと集中できないなと感じました。呼吸で新鮮な空気が鼻や肺に入ってきて、出ていくところをしっかり感じられたのでよかったです。『クラスが終わった後も瞑想するように暮らしましょう』というアドバイスをいただいて、日常的に慌ただしく過ごしているので、気持ちがあちこちにとっちらかることが多いのだなと反省しました。」
「テンちゃん先生が、『そのお花はあなた自身です』とおっしゃった時、あ、そうか、そう言われていなかったな。という感覚でした。最近、この様に自分と対話することがあるのですが、きちんとした言葉では聞こえないのですが、いつでも割と怒り気味です。何に腹を立てているのかというと、やっぱり、流されている私に喝を入れている気がします。ワクチンの情報を追いかけて情報を買ったり、政治の事を調べたり、Youtubeで流し聴きしたり、、、」

第14回 2021. 10. 2「心と言葉」
「俯瞰して(次元を上げて)見るお話しですが、中々出来ていなくて、バリバリ3次元の見方になっています。これからは、意識をして少しでも宇宙の視点に近づけたらと思います。前に何かで、3次元では1人1人が分離していて、別々の動きをしている様に見えるけど、宇宙から見ると、その1人1人の動きは全て完璧で、素晴らしい1枚の絵画を作っているワンネスだと聞いた事が有ります。今日の霊性開花で、それを思い出しました。ありがとうございます。」
「今日の霊性開花で一番印象に残ったのは、心と言葉と行動を一致させること。本当にこれは僕にとって大切だなと思いました。このバランスが崩れるからイライラしたりする、もう本当にそうだと思いました。この一致する状態を常に保っていけるように意識してみます。ビジネスメールはいつも返信が遅いのでとりあえず半日を目処に何か返すことを意識してみます。今日も霊性開花中にいろいろアイデアが生まれてとてもいい時間でした。また楽しみにしています。」
「ワンネスの話で、自分の5本の指を見て誰を連想するかという問いに対して、すぐに家族の顔が思い浮かんだ。
自分と繋がっていて家族全員で一つだという感覚である。では、会社の部内の人はどうか。考え方は人それぞれ違うが、同じ目的に向かって仕事をしているので仲間という感覚である。では会社ではどうか。職種は違うが、同じ目的に向かって、会社を発展させるために働いているので、経営トップを含め仲間という感覚である。では、取引先ではどうか。営利目的でやっているので、少しでも自社に有利な思考が優先してしまう。企業に務めるものとしては当然の思考だが、スピリチュアル的にはどうなのかと思ってしまう。個人的には近江商人の三方よし(売り手によし、買い手によし、世間によし)の考え方が好きだが、現実的には自社の利益優先が求められるので、それが出来ない事に矛盾を感じてしまう。」

第13回 2021. 9. 25「グループセッション」
「僕は霊性開花の時間は学んでやろうというより、受け入れてみようという時間にしているので今回は同じ時間を共有している人のいろいろな疑問が聞けてよかった。当たり前かもしれないが同じ話を聞いても、自分以外の人の受け取り方の違いがあり僕にとって学びがあっていい時間だった。質問が文章だけなので、その裏の意味などは話したほうが出てくるのかもしれないが、1時間のうちにいろいろな角度から話が聞くためにはよかった。ただ質問の種類が人によってバラバラだったためちょっと頭が混乱しています。この混乱の中から何が出てくるのか楽しみです。」
「『スピリチュアルなことを話すのにためらいがある』という質問をしましたが、たとえばビジネスにしていくとすると人に話さないといけないと思ってためらっていたので、特に話さなくてもいいというのに驚きました。そうなのですねー。仕事にしたりライトワーカーとして活動するなら公表しなくてはいけない…ということに迷っていました。このあたり、自分の中にメンタルブロックがあるのかな?と今日の他の方への回答を聞いていて気付きました。
「誘導瞑想がうまく出来ないのは、グラウンディングに問題があるという話を聞き、自分も誘導瞑想中に違うことを考えてしまう場合があるので参考になった。仕事が忙しくなると「心ここにあらず」状態になり、地に足が付いてないことがよくあるので、普段の瞑想にグラウンディングを取り入れたい。霊性開花が終わってから久々にセンタリング・グラウンディングの瞑想をやってみると、エネルギーが補充されるような感じがした。」
「ここ数日、少しずつ人へエネルギーを「媚びる」ではなく、「してあげたい」に注ぐ事で、『誰か・何かを愛する時間こそが尊いという感覚に繋がるのだな。誰かや何かを愛するという行動ができる事こそが幸せなのだな。』と感じています。愛する人の為に動いたり、耳を傾けたり、共感する事、それは愛する人との尊い時間の中にある事。それってとても尊く幸せな時間なのだから、私自身が満ちる感覚を感じました。以前の媚びながら、びくびくしながら人に仕えていた時とは違う感覚です。調和の世界を体現するのもこの道の先かな?と思うと、なんだ!極端を渡っているようでいて、振り子のようにきちんと学んでたどり着くんじゃない?実験してエライ!と自分に感じています。」

第12回 2021. 9. 20「自分の形」
「短所を見る視点を変えて長所に見ようとすると、すぐに長所が思い浮かぶものもあれば、結局思い浮かばなかったものもありました。社会一般の通念からすると明らかに短所であること(時間にルーズとか)は、長所に見ることができませんでした。やっぱり日頃から『足りないこと』『できていないこと』をどうすれば解消して『○』になれるかばかり考えているなとあらためて思いました。やはり自己肯定感が低いと長所がなかなかおもいつかなかったり、短所にとらわれすぎてしまうんだろうなと思いました。もっと自己肯定感を上げて、自分のかたちをしっかり把握したいです。」
「自分の長所と短所、改めて考えると余り出て来ない。私、あまり自分の事を分かって無いのかな?でも、これからは、もっと自分に意識を向けて理解していきたい。そして、自分の内側と繋がって行きたいと思いました。長所の裏には短所、短所の裏には長所がある。そして、短所の無いものねだりをするのではなく、長所として如何に出していくかと言う事を教えて頂き、なるほど考え方次第だと納得です。」
「短所を長所としてとらえた時、今まで直さなければならないと思っていた事が、それほど気にしなくてもよいという事に気付けた。全て自分の個性であり、見方を変えれば短所は長所になる。後は、実生活で自分の短所を長所だと心の底から思えるようになれるかが課題である。」
「最後のエネルギーワークでは寝そうになってしまいました。疲れている時にやるとよさそう。イメージもしやすかったです。長所は短所の裏返し、短所も長所の裏返し、理屈では分かっていたけど改めて書き出すと自分の長所の裏返しが短所として書かれていてさらにその逆もあって面白かったです。自分のことをさらに好きになれそうです。
「性格というのは魂の形。とても興味深かったです。人それぞれの性格・魂の形があるのはわかるので、占星術を使わなくても個人でも魂の形を知る事ができるワークを知れるのは楽しかったです。ただ、自分がまだ自分の傷があるという事だからでしょうか。難しかったです。真っ向から否定の言葉が来て、自分としても、『まだこんな卑屈で拗ねている自分がいるんだ…』とびっくりしてしまいました。」

第11回 2021. 9. 9「守護霊リーディングとPSIトレ」
「守護霊リーディングをしていただいてとても興味深かったです! カーテンを開けるイメージが見えると説明していただいて、普段私はカーテンを閉め切って生活しているので開けなさいということかな?と思いました(ストレートに…) また、たしかに思い悩んでいることが多いので、リーディングがずばりで驚きました。クラスが終わった後にタロットカードを引いてみたら、カップの5が出てきて「喪失感や失望感に悲しんでばかりではなくて、明るい未来をイメージしたほうがよい」という意味もあるかなと思いました!他の方へのリーディングを聞いて、守護霊は今の状態を伝えるんだなと参考になりました。サイキックトレーニングで実際に想像しながらやっていると、映像はよく思い浮かぶけれど、においはあまり想像できないことに気付きました。得意不得意とはこういうことなんですね。1人でもできそうなトレーニングなのでとても参考になりました。やってみます!」
「私の指導霊さんはハロウィン気分👻🎃で姿を見せてくれたのでしょうか。笑 
先生が守護霊や指導霊を見ている時、その方の周りがボヤボヤしてました。(画面上で)次の方を見るときは、また見ている方の周りがボヤけ、さっきの方の画面は戻っていました。私も感じてみようと思って画面を見ていたので、自分の何かが投影されているのかな?と思いあえて他の方に集中してみましたがボヤけは先生が見ている方にだけ現れていました。アレはなんなんでしょう!(°▽°)!先生のエネルギー的な何かが見えていたのか、その方が発している何かなのか???とても不思議でした。」
「普段何気なく考えていて、答えが出ていないことの答えが出てきて不思議だな~と思っています。ちゃんと話を聞いていて、ワークに取り組んでいるのですがふっといいイメージが湧いてくるんです。いつもアイデアが出るので毎回の霊性開花が楽しみになっています。今回も見事にアイデアが湧いて、やったーと思っています。みなさんの指導霊も何だか興味深くて早く僕もその感覚が掴めるようになりたいと思いました。(守護霊リーディング受講中)僕の場合ですが、リーディング結果そのとおりでした。いまだに結果は見えず、気になって淡々と続けていく。でも続けないと気持ち悪い状態になってきたので何か見えてくるのではと思っています。この辺りのことを詳しく指導霊さんに聞きたかったです。また、次回の機会に。」
「Tさんの守護霊は、やはりTさんに似ている感じがするし、Nさんの守護霊の印象は、彼女をもっと魅力的にするものだったし、Hさんの守護霊の印象は、Hさんの存在をよく教えてくれる存在でした。Tさん、なぜ「あたってる」と思ったのか、お聞きしたいところでした♪Hさん、なるほど、考えている事があるのか。その一連の流れを照らし合わさせていただきたいなぁと感じました。私は基本的にはあまり人には興味があまりないんですが、守護霊さんは、その方をより立体的に見せてくれているんだな、と思うと、もっとお相手に興味が持てそうだな♪と感じました。」

第10回 2021. 9. 4「自分の価値」
「一人一人、愛を体験するために経験をするために生きているのか。そしたら、不要な体験は何もない。不要な体験をしないといけないのだな。不要な人間はここにはいないのか。そして、みんな経験しに来ている魂一つ一つは全て繋がっている。だから、あなたは私であり、私はあなたを含んでいる。別の人間だけれども、心の奥底は繋がっていて、ここに生まれていないとしても私は誰かの私だったろうな。と学んでいたことが既に腑に落ちている事に気付きました。『ありがとう』この言葉の大切さを改めて実感する事が出来た日となりました。おめめ、ありがとうありがとう、と自分を労わる時間もとてもきれいな時間でとても楽しかったです。」
自分に感謝を伝えよう☆目を閉じ、先生の言葉を聞きながら自分の目に、耳に、手に、etc…本当に自分の全てに感謝する事が出来ました。見えている事への感謝☆自分の目にありがとう聞こえている事への感謝☆自分の耳にありがとう行動出来る事への感謝☆自分の身体にありがとう。こんなに自分自身に『ありがとう』と伝えた事はなかったなと気づかせて頂きました。自分を大切にするってこーゆー事なのかなって心から『ありがとう』と自分で自分に伝えているだけなのですが、とても癒されました。体も心も温かくなるのを感じました。心がぽかぽかのオレンジ🧡って感じです^ ^」
「『生きているだけでイイ』を実感いたしました。今まで、自分自身に感謝することはなかったです。今朝、別件で一つ気づきがあったところでした。だからこそ、素直に自身に感謝をし、全てに感謝することが出来ました。空気が吸える事に感謝だしこの奇跡の様な循環システムのある地球に感謝です。自分は生かされているそして、生きていていい と感じられました。私は、ずっと自分には価値はないと思って生きていました。ようやくその呪縛から解放されそうです。」
「最初に『自分のことを価値がある人間だと思うか』と聞かれて、普段から自分はそんなに価値がない人間だと思っていたので、まさに自分にぴったりの問いで驚きました。社会の役に立つ方法がわからなくなって悩んでいるので、そういうところで自分には価値がないと思っているんだなあとあらためて思いました。生きているだけで社会を潤わせる貢献をしているというお話で、確かにそういう意味では役に立っているのか!と発見になりましたが、それって誰でもしていることだから…と思ってしまいました。あらためて考えると、自分が特別に社会に役に立っていないと価値がないと思っていることに気付きました。後半の感謝のワークも驚きました!そういう感謝の方法があるのかーと思いました。実は、1か月ほど前に「自分には感謝の気持ちが足りないな」と思って、感謝することリストを書こうとしたのですが、まったく書けず…。「あって当たり前」だと思っていて気付けていないんだなあとあらためて感じました。自分では腰に感謝してみました。腰が支えてくれているおかげで座ってたくさんいろんなことができると感謝しました。『感謝することリスト』に新たなことが書けそうです。」
「自分を褒めるのはとてもいいことだと感じました。最初、僕は世の中にあまり役に立っていないと言う方に手を上げたけど仕事がコロナ禍で無くなっているのが原因かな。でも自分の身体の部分を褒めているうちに、気持ちがしゅわーと変化してまあ、そんなことはどうでもよく、生きていればいいんだよーと思いました。まあ前もそう思っていたんだけどコロナ禍でいろいろ忘れてしまって。思い出させていただきありがとうございます。改めてこの精神で生きていこうと決意の出来る霊性開花の時間になりました。なんか睡眠とは違うスッキリ感です。」
「感謝のワークで、自分の胸(ハート)に『ありがとう』の言葉を伝えたとき、昔から苦楽を共にした戦友のような感じがした。自分の胸(ハート)の中にもう一人の自分が居るような感覚である。苦しい時も、つらい時も、嬉しい時も、楽しい時も、常に一緒に歩んできた、自分(ハート)に『ありがとう』を伝えた。いつもそばにいて見守ってくれる自分(ハート)に親近感や信頼感を感じた。

第9回 2021. 8. 28 グループセッション「戦争のことを思うと胸が苦しくなってしまう」
「≪視点≫なのですね。私が、どこにフォーカスしているのか。それが、私の中にある課題でもあり、癒していくポイントになるのだと思います。私は、【人が人を支配する。人が人として扱われない】この構図がとても赦せないポイントであり、そこを強要されているのが、戦争からの被害者であると感じます。だからと言って、私に出来る事は少なく今はただ、真の和平を祈るしかない。ひとつ視点を上げれば、それは流れであり自らの決めてきた道 なのは理解できます。しかしながら、私の中にある【強要されてきた私】が癒えていないだからこそ、そこにフォーカスしてしまう。この数日、この【強要されていた自分】とそれが赦せないから【全てを赦す自分】との間で葛藤している自分がいてもがいていますw」「私は今、自分の中で今戦争が起きています。あ、これが戦争か、、、と体感しているのは、コロナやワクチンを通しての戦争です。てんちゃん先生がおっしゃっていた事を振り返って、全て今回のコロナで私が捉われている事にマッチしていて、「これらを受け止めて、超えるために起きているんだよ」と感じて怖いです。心ではわかっていても、思考では「いやだよー」と感じています。私事を度外視すると、なんとなくですが、このコロナやワクチンの打開策は、コロナやワクチンを考えても答えは無い。全ては自分の内側の、心の平安にこそ平和がある、という感覚を持ちます。それを感じて「ゲッ」と思う感覚があるのです。」←自分ごとに置き換えて考えられたのは素晴らしい学びをされたと思います★「この世には体験するために生まれてきているという話は何回も聞いていて、だんだんそうなのかなと思い始めています。ただ、やはり実際に人の死の話になるとなかなか難しいです。どんなことにも陰と陽がある話もすぐに忘れてしまうのでいつも思い出しています。同じ人の中にも陰と陽があるので、やはり1つの側面から判断するのはとても良くないとは思うが、人は目の前の出来事をどんどん判断して生きていくと思うので、どうしても1つの面から判断したほうが生きやすいのかなとは思います。陰と陽を同じように受け入れられるように観察して判断していきたいと思います。」いい気づきがありましたね★まず疑問に気づくのが学びの第一歩です★「もし自分が戦争で被害を受けた当事者の立場だったとすると、おそらく相手に対して憎しみ、怒りの感情を持つと思います。愛する人が戦争で死んでしまったら、尚更、負の感情は消えないでしょう。しかし、大きな視点で見ると、相手を思いやり、愛する心があれば、そもそも相手を傷つけたり、戦争を起こすこともないわけです。それに気づかせるために、あの世で戦争を起こす人、戦争に巻き込まれる人の役割を持って生まれてきているのだと思います。この世から争いを無くすためには、相手を思いやり、愛する気持ちを一人ひとりが持つことが大事だと思いますので、そのような気持ちで周りの人々と接し、その輪を広げて、平和な地球づくりに貢献していければと思います。」

第8回 2021. 8. 21 「ヴィパッサナー瞑想」
「今を意識」するマインドフルネスの瞑想法を学んだが、日ごろの自分を振り返ってみると、自分の思考が未来、過去に行っている事が多いことに気付く。仕事で先々の予定の事ばかり考えていたり、過去に起こった出来事を考えてたり、未来や過去ばかりに意識が集中しているので、今を生きている感覚が弱い。自分が生きているのは「今」なのに、未来や過去ばかりに囚われているので、マインドフルネスで「今を意識」し、今を生きれるように変えて行きたい。

第7回 2021. 8. 15 テーマ「今ここ」
「ラベリング瞑想はゲーム感覚で楽しかったです。やはり雑念の時間の割合が多かったです。でも、雑念!とラベリングすると消えていくのでなんだか面白いなーと思いました。これからも続けていきたいと思います。」「『今ここ』を大切に生きる事がとても大事なのはわかっていても、つい先の事を考えていますよね。。。今週、実家に数日帰っておりましたが、家のルールに縛られている自分から、抜け出したかったことその実家のルール(世間のルール)に娘をはめようとしていること何が良くて、何が悪い ではないのだけど『貴方の為』のルールが、果たして本当に、貴方の為なのか?日本人の教育は自分の為の『今ここ』ではなくいかに他者と肩を並べ、関係を損なわないかその為の『今ここ』でしかない様に感じます。娘に『今ここ』の考え方や大切さを伝えても周りから矯正させられてしまう。その色に染まらないと、わがままな自己中扱いなかなかに、日々難しく感じます。自分を置き去りにして周りにばかり気を遣ってきたからこそ≪今≫自分と向き合う事を促されているのに自分としか向き合っていない子供には周りが、他者を優先させることを学ばせようと必死になっている。この矛盾にもモヤモヤです。。。」

第6回 2021. 8. 8 テーマ「次元上昇」
「自分に既知ブロックが働いていることに気付けて良かったです。職場等ですでに知っていることや、何度も同じ話をされると思考が停止してしまう事がよくあります。学べる機会を自分で阻害してしまうのは勿体ない事ですので、既知ブロックを外し、何でも学ぶ姿勢で臨みたいと思います。知識だけではなく実践を重視していきたいと思いました。また、ワンネスを体験するには次元を上げるのが大事で、次元を上げるには一つ上の共同体を意識していく事が大事ということですが、自分はこの意識が低いことに気付けました。職場で自部門の事を優先してしまったり、自治体の活動でも自分を優先してしまっているので気を付けたいと思いました。この辺りは自分の改善テーマだと思いますので取り組んで行きたいと思います。」「霊格があがる事は愛の範囲が広がる事なんですね!!ワンネスの考え方が 理屈では理解できました。まだまだ、腑に落とせるまでにはいきませんが、愛の範囲を広げる。その視点で物事をとらえられる様になるとても分かりやすいですし、実践しやすいです。≪チャネリングは愛≫全てが愛のエネルギーで繋がっていることが頭ではなくこころで理解できる様に愛の範囲を広げてまいります。」「私は宇宙であるということに自分の中での理解を掴むきっかけが得た気がました。今日までなかなか理解するというところまでいっていませんでしたが、今日の話の知っているという気持ちを無くすという方法でその理解を掴めるかもと思いました。どうしてもなんだか知っていることに対して慣れの気持ちで接してしまいます。私は宇宙であるということに対してもなんか知っているような気で接しているためにいまいちなんだかわからない感覚になっていると思いました。初めて聞いた初めて接した気持ちを常に持つことで理解につながっていくのではないかと思いました。新月への願い事はこれを理解できたということをイメージしてみたいと思います。」

第5回 2021.7.26 テーマ「満月」
「満月の日、しかもオンタイムでの瞑想とても充実していました。私事ですが、新月満月に遠隔ヒーリングをしておりまして、クラスの瞑想の流れそのままで、一斉ヒーリングを送らせていただきました。ありがとうございます!その後、いろいろな直感が降りてくるのと夢や目覚めに メッセージをもらうことが多いのですが、次回の8/8新月+ライオンズゲートでキャンペーンをしたらいいと降りて来たので翌日から、スケジュールがタイトなのもありバタバタしておりました。今日、ようやく少し余裕が出てきております。水瓶座満月パワー 凄いです!!それと、手放しワークの爽快さ!!!一気に抜け落ちる様な、すーっと軽くなるのがわかりました。次回の満月でも実践いたします。」「満月のパワーなのか、吐き出すことを意識したからなのか、手放したいことを明確にイメージしたからか、自分の手放したいことを出すワークをしたら体が軽くなった気がします。それと逆に肩が猛烈にこってきました。ここに嫌だなと思っていることが集まってきたのかな。面白い体験だったので今後も満月のときにやってみようと思います。」

第4回 2021.7.7 テーマ「感覚」
「身体の6感の感覚を一つずつ意識することは日常生活であまりないことなので、また新しい発見でした。わざわざ意識するということが大切なんですね。いろいろ感じることが出来て、面白いなあと思いました。普段はやはり都合よく意識を選択しているんだなと改めて感じました。日常のオーケストラに六感を委ねる感覚をこれからも生活に取り入れて磨いていこうと思います。」「今回実践トレーニングでしたので、とても楽しめたのと、難しくもあり日々修行ですね!改めて、私たちは物事に焦点を当てて、興味のある見たいモノ・聞きたいモノ・感じたいモノそれぞれをしっかり分けて認識しているのですね。普段何気なく分けて認識しているだけにその逆、【全てを一遍に感じる】がまったく要領を得ずw 最初は難しく感じました。ですが、≪力を抜く≫ことがどの感覚にも必要な事だとわかり徐々に抜いていく。まだまだ、一点に集中する力が入ってしまいますが抜いていくを実践させています。実践ワーク楽しいです(*^-^*)」

第3回 2021.7.3 テーマ「謬錯」
毎日の出来事がスピリチュアル的にどんな意味があるのかというのは最近、習慣になっています。確かに意味がある時もあるし、何となくとらわれすぎている感じの時もあります。ただ、同じようなことが以前にもあってまた同じようなことが起こるときは何かそこに意味があると思い、よく考えてみようという意識になってきています。だから今日の話を聞いてやはりこの習慣は間違ってなく、これからも続けてみようと思いました。」「目を閉じてその時に見えるものを感じてみる。単純に目を閉じた暗い状態で眼球を動かすだけでこれだけいろいろ見え方が変わるんだなと新しい発見でした。確かにこれを知らないといろいろビジョンが見えたと勘違いしてしまいそうです。鼻先に集中瞑想は、自分にあっている気がしました。今日もいろいろな気づきをありがとうございました。」「今日のクラスはまさにシンクロでした。『今(過去)起きている事象から 私に与えられている気づき私への学びは、何なのだろう?』と、今朝 【過去の私】を書き出してみよう!としていたところでした。日々生きる中で、スピとの出会いによって≪今≫ある意味を考え、何を学ばされているのか?を考える癖がついてきていました。それを【過去の自分】にも当てはめてみて過去に起きていた事象には どんな意味があったのだろう?何を学ばせようとしていたのか?または、その過去の経験を通して今、何を学ぶべきなのか?それをまとめようとしていました。起こった事象を自分事としてフォーカスし今を大切に生きる事こそが私たちに与えられている≪学び≫なんだととても感じます。

第2回 2021.6.27 テーマ「祈念」
沖縄戦終結(6/23)についてお話して、みんなで祈りを捧げました。
ジャッジしてはいけないという言葉が印象に残った。確かに毎日ジャッジしている気がした。今、まさに人に対してジャッジしていることがあって、もっと相手の事情を知ろうと思った。Yes no だけで判断するのはもったいないなと思いました。祈りは考えるきっかけを下さって、ありがとうと思えばいいとわかってなんか納得できた。いつも祈りといえば悲しい、可哀想、悲惨という感情だけで止まっていた沖縄でのことに祈りをしていたら途中でなぜだか昔、お世話になった昨年亡くなった大家さんが出てきてこの方にもいろいろ教わったな、ありがとうという祈りに変わっていった。」「戦争により亡くなった方々がいるその歴史の上に生かされている。その方々が守ろうとしたものを私たちは引き継いでいる。今ある平和は彼らによってもたらされたものだからこそ、感謝と供にこの平和を守り抜く。それは、新たな犠牲を必要とせずとも護られるそんな世界にしていくのが残された、託された私たちの使命なのかもしれない。」「『成仏してください』の祈りの言葉には私にも違和感を感じていました。「ありがとう」の感謝の言葉が一番しっくりきます。背負ってきているお役目を終えて「お疲れ様でした」ですし、自分と関わりのある方には「出会えたことに感謝」だと感じています。さらに、戦争で亡くなった方がいる。その歴史の上に私たちが生きている(生かされている)それは今も起きている。人は、死を通してでしか学べないのか?そうではなく、全てが必然であり起きる事象から学びが常にあるとジャッジすることなく腑に落ちれば争いが起きなくなるのでしょうか?「祈り」にはエネルギーがある。世界平和を《自分ごと》として祈ることが世界が変わるきっかけになるのだと思う。

第1回 2021.6.19 テーマ「原点」
「日々の生活こそがスピリチュアル確かに特別なことではない、現状に満足できない思いがスピリチュアルに特別な感情を持ってしまう原因なのかな。「瞑想中、何度も気持ちよくなり寝そうになる。」瞑想中に寝そうになるのも意味がある場合があります。「ハマっていく雲に、道しるべの様な導き手があり、そこに敷石が並べられ到達できる。」志があれば高次からのサポートが入ります。それを表したビジョンかもしれません。素晴らしいメッセージを受け取れましたね。「見る訓練では、【瞼の裏が宇宙】に新鮮な気持ちです。」感じていただけて嬉しいです。その感覚大切にしてくだい!「あっと言う間に時間が過ぎていた事にビックリです。」意識は時空をこえるんです。「歩みを進めていく修行は感謝で愛なんですね」